小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例

小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例


スポンサードリンク

小企業の広告文の書き方をキャッチコピーの作り方を中心にお教えします。具体例もすこしずつ掲載していきますので、是非参考にしてください。

« 2006年11月 | 『キャッチコピーの作り方』2007年01月 »

『キャッチコピーの作り方』の最新記事【2006年12月】

【抜粋】キャッチコピーには説得力が大事 宣伝文を目にした人の過半数以上に最後まで 宣伝文を読んでもうら事ができたら、 販売率は、かなり高くなります。 宣伝文の25%以上を読んでしまうと、 最後まで読む確率が高... 【本文】

キャッチコピーには説得力が大事

宣伝文を目にした人の過半数以上に最後まで
宣伝文を読んでもうら事ができたら、
販売率は、かなり高くなります。


宣伝文の25%以上を読んでしまうと、
最後まで読む確率が高くなります。


ですから、魅力的なキャッチコピーで
見る人の心をがっちりつかむ事が重要です。


コピー文には消費者が疑問に思いそうな事を
予想して、それに答えるという形をとると、
興味をもって読みすすめてくれます。


その流れが自然でタイミングがあっているか
どうか必ずチェックを忘れないようにします。

                      

【抜粋】広告のキャッチコピーの役割 キャッチコピーの役割について考えてみます。 キャッチコピーは、見る人の注意を強烈に引きつけ、 次のさらなる情報へと導く事が役割といえます。 そのためには吸い込まれるように ... 【本文】

キャッチコピーには説得力が大事

宣伝文を目にした人の過半数以上に最後まで
宣伝文を読んでもうら事ができたら、
販売率は、かなり高くなります。


宣伝文の25%以上を読んでしまうと、
最後まで読む確率が高くなります。


ですから、魅力的なキャッチコピーで
見る人の心をがっちりつかむ事が重要です。


コピー文には消費者が疑問に思いそうな事を
予想して、それに答えるという形をとると、
興味をもって読みすすめてくれます。


その流れが自然でタイミングがあっているか
どうか必ずチェックを忘れないようにします。

                      


『小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例』のサイトトップへ
まずは最新記事をチェック↓
  • キャッチコピーには説得力が大事
    キャッチコピーには説得力が大事 宣伝文を目にした人の過半数以上に最後まで 宣伝文を読んでもうら事ができたら、 販売率は、かなり高くなります。 宣伝文の25%以上を読んでしまうと、 最後まで読む確率が高...
カテゴリーから探す
最近の記事から探す
『キャッチコピーの作り方』関連サイト
特選リンク集