小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例

小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例


スポンサードリンク

小企業の広告文の書き方をキャッチコピーの作り方を中心にお教えします。具体例もすこしずつ掲載していきますので、是非参考にしてください。

« 2006年12月 | 『キャッチコピーの作り方』2007年02月 »

『キャッチコピーの作り方』の最新記事【2007年01月】

【抜粋】キャッチコピーには力が必要 キャッチコピーには、たまたま目にした人を 全文を読まずにいられなくする力が必要です。 キャッチコピーに力がある広告やCMは 情報が氾濫している現在でも確実に 消費者の関心を... 【本文】

キャッチコピーには力が必要

キャッチコピーには、たまたま目にした人を
全文を読まずにいられなくする力が必要です。


キャッチコピーに力がある広告やCMは
情報が氾濫している現在でも確実に
消費者の関心を惹く事ができます。


キャッチコピーには謎を含ませる言葉で
引きつけてその後の文章を読ませる。


人間は感情のこもったセリフや予告に
興味を持ちます。


予告だけでは内容がわからないので
次の文章を読みたくなります。


テレビ番組でよくある手法です。
衝撃の映像は30秒後・・・みたいな事です。


30秒も待たされるこの手法は、ちょっとイラつきますが
文章ならすぐに読めるので、更に効果的です。


『小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例』のサイトトップへ
まずは最新記事をチェック↓
  • キャッチコピーには力が必要
    キャッチコピーには力が必要 キャッチコピーには、たまたま目にした人を 全文を読まずにいられなくする力が必要です。 キャッチコピーに力がある広告やCMは 情報が氾濫している現在でも確実に 消費者の関心を...
カテゴリーから探す
最近の記事から探す
『キャッチコピーの作り方』関連サイト
特選リンク集