小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例

小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例


スポンサードリンク

小企業の広告文の書き方をキャッチコピーの作り方を中心にお教えします。具体例もすこしずつ掲載していきますので、是非参考にしてください。

« 2007年07月 | 『キャッチコピーの作り方』2008年06月 »

『キャッチコピーの作り方』の最新記事【2007年08月】

【抜粋】キャッチコピーの作り方をネーミングに応用するコツ。 ネーミングは、特定の人に特定のイメージを抱かせるように工夫して作ろう。 どんな人がどんなシチュエーションで使うのかを考えるのである。 キャッチコピー... 【本文】

キャッチコピーの作り方をネーミングに応用するコツ。

ネーミングは、特定の人に特定のイメージを抱かせるように工夫して作ろう。
どんな人がどんなシチュエーションで使うのかを考えるのである。

キャッチコピー的なネーミングには、説明系とイメージ系の二種類があることを知っておこう。

擬態語系で、幼児と頻繁に接する主婦層の心をつかもう。
極端系は、禁句とも言えるインパクトのある言葉を使ったものである。
擬人化系の場合は、「くん」や「さん」をつけるだけじゃなく「暴君ハバネロ」のように肩書きで擬人化するものもある。
ダジャレ系の場合は、哀愁と愛着を感じさせて、商品イメージと合致させることが大切。
連用形系のネーミングは多い。「一番搾り」など
パ行は、語感を明るく軽いものにする。は行、ら行は肌触りのよさそうな感じ。
呼びかけることで独自な感じを出してみよう。
長い言葉で、売り手の熱意を伝えてもいい。さらにうまい略称をつけるといい。
地名や国名などのすでにブランドを持っている単語を使ってみるといいかもしれない。
英語やカタカナにしてみたが、ひらがなにしてみると英語に過ぎないというのがいい。
トリビア系は、意外性と、説得力のある物語を持てば完璧。


『小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例』のサイトトップへ
まずは最新記事をチェック↓
  • キャッチコピーの作り方をネーミングに応用するコツ。
    キャッチコピーの作り方をネーミングに応用するコツ。 ネーミングは、特定の人に特定のイメージを抱かせるように工夫して作ろう。 どんな人がどんなシチュエーションで使うのかを考えるのである。 キャッチコピー...
カテゴリーから探す
最近の記事から探す
『キャッチコピーの作り方』関連サイト
特選リンク集