小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例

小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例


スポンサードリンク

小企業の広告文の書き方をキャッチコピーの作り方を中心にお教えします。具体例もすこしずつ掲載していきますので、是非参考にしてください。

« 2008年09月 | 『キャッチコピーの作り方』2008年12月 »

『キャッチコピーの作り方』の最新記事【2008年11月】

【抜粋】キャッチコピーとネーミング。短い言葉でビジネスを激変させる方法。 ネーミングをするさい気をつけることはキャッチコピーの作り方が参考になります。 ・ターゲットに最もなじみのある言葉を使うこと ・ゴロがよ... 【本文】

キャッチコピーとネーミング。短い言葉でビジネスを激変させる方法。

ネーミングをするさい気をつけることはキャッチコピーの作り方が参考になります。
・ターゲットに最もなじみのある言葉を使うこと
・ゴロがよく、音読した時の印象もよいこと。略称がこの条件を満たすのもあり。
・持たせたい印象、イメージを確実に持たせることが出来る

キャッチコピーの作り方と同じく、おなじみの言葉をもじるとよい。
ダジャレを使う。ユーモアセンスも大切。ターゲットによってはブラックユーモアも使える。
情報商材のネーミングは短いと中身を想像させれないのでキャッチコピーの作り方を使う。


『小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例』のサイトトップへ
まずは最新記事をチェック↓
  • キャッチコピーの作り方とネーミング
    キャッチコピーとネーミング。短い言葉でビジネスを激変させる方法。 ネーミングをするさい気をつけることはキャッチコピーの作り方が参考になります。 ・ターゲットに最もなじみのある言葉を使うこと ・ゴロがよ...
カテゴリーから探す
最近の記事から探す
『キャッチコピーの作り方』関連サイト
特選リンク集