小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例

小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例


スポンサードリンク

小企業の広告文の書き方をキャッチコピーの作り方を中心にお教えします。具体例もすこしずつ掲載していきますので、是非参考にしてください。

« 2010年04月 | 『キャッチコピーの作り方』2011年01月 »

『キャッチコピーの作り方』の最新記事【2010年12月】

【抜粋】「ご注文の方以上でよろしかったですか?」 はなぜ過去形なのか? 意味的に考えると「ご注文の方以上でよろしいですか?」の方が 自然なのですが、この言い方をすると、その質問を受けた時点では 注文内容をすべ... 【本文】

「ご注文の方以上でよろしかったですか?」 はなぜ過去形なのか?

意味的に考えると「ご注文の方以上でよろしいですか?」の方が
自然なのですが、この言い方をすると、その質問を受けた時点では
注文内容をすべて覚えているわけではないので、正確な確認が
できず、「もう一回お願いします」と聞かれることが増えます。

そこで、「ご注文の方以上でよろしかったですか?」と聞くことに
よって、注文の内容は覚えなくとも一つ一つ問題ないと判断した
過去のことを聞く方が適切と考えられ、そのようなマニュアルが
作られました。

「ご注文の方以上でよろしかったですか?」と聞くと注文内容を
覚えてなくても「問題なかった」ことは覚えているので、余計な
時間をかけずにすむのです。

このような微妙なニュアンスが与える影響も考慮してキャッチコピー
を作っていきましょう。


『小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例』のサイトトップへ
まずは最新記事をチェック↓
カテゴリーから探す
最近の記事から探す
『キャッチコピーの作り方』関連サイト
特選リンク集