小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例

小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例


スポンサードリンク

小企業の広告文の書き方をキャッチコピーの作り方を中心にお教えします。具体例もすこしずつ掲載していきますので、是非参考にしてください。

« 2011年01月 | 『キャッチコピーの作り方』2011年04月 »

『キャッチコピーの作り方』の最新記事【2011年02月】

【抜粋】広告のキャッチコピーを書く場合には、いつも表現のバランスが問題になります。 ある程度競争の激しい業界ならば、広告キャッチコピーに嘘ではないが、 見込み客に誤解をさせる表現を使っている会社があります。 ... 【本文】

広告のキャッチコピーを書く場合には、いつも表現のバランスが問題になります。
ある程度競争の激しい業界ならば、広告キャッチコピーに嘘ではないが、
見込み客に誤解をさせる表現を使っている会社があります。

それは会社と比較されることを考えてある程度大げさな表現を使う必要があります。
といっても明らかな嘘になってはいけないので、どこまでやるか悩みます。
特に商品で勝ってもキャッチコピーの作り方によって負けることは、絶対に避けたいですね。

大げさすぎるキャッチコピーは作り方が相当うまくない限りかなり疑われます。
自社の商品やサービスをよく分析してもども顧客の心に響く部分を探しましょう。
その部分について大げさな表現は使わず、客観的な数字を使ってキャッチコピー
をつくれば見込み客の注意を引くことができます。

ライバルが行っている売れるキャッチコピーの作り方を真似しましょう。
そしてその本質をよく理解してさらに魅力的なキャッチコピーの作り方を考えましょう。
広告キャッチコピーに合わせて商品やサービスを改善していくことも可能なのです。

【抜粋】メッセージを伝えたい相手の言葉の使い方を理解する必要がある。 広告キャッチコピーを作りたいならば、見込み客から話を聞いて、 悩みや要望について語る言葉をそのまま暗記しておくと良い。 普段から頭の中で考... 【本文】

広告のキャッチコピーを書く場合には、いつも表現のバランスが問題になります。
ある程度競争の激しい業界ならば、広告キャッチコピーに嘘ではないが、
見込み客に誤解をさせる表現を使っている会社があります。

それは会社と比較されることを考えてある程度大げさな表現を使う必要があります。
といっても明らかな嘘になってはいけないので、どこまでやるか悩みます。
特に商品で勝ってもキャッチコピーの作り方によって負けることは、絶対に避けたいですね。

大げさすぎるキャッチコピーは作り方が相当うまくない限りかなり疑われます。
自社の商品やサービスをよく分析してもども顧客の心に響く部分を探しましょう。
その部分について大げさな表現は使わず、客観的な数字を使ってキャッチコピー
をつくれば見込み客の注意を引くことができます。

ライバルが行っている売れるキャッチコピーの作り方を真似しましょう。
そしてその本質をよく理解してさらに魅力的なキャッチコピーの作り方を考えましょう。
広告キャッチコピーに合わせて商品やサービスを改善していくことも可能なのです。

【抜粋】キャッチコピーを作成する際は、わかりやすいメッセージを使ってください。 読み手の印象に残るのは奇抜な表現だけではありません。 読み手のメリットを簡潔に伝える表現が1番です。 ニーズを分析した上で広告キ... 【本文】

広告のキャッチコピーを書く場合には、いつも表現のバランスが問題になります。
ある程度競争の激しい業界ならば、広告キャッチコピーに嘘ではないが、
見込み客に誤解をさせる表現を使っている会社があります。

それは会社と比較されることを考えてある程度大げさな表現を使う必要があります。
といっても明らかな嘘になってはいけないので、どこまでやるか悩みます。
特に商品で勝ってもキャッチコピーの作り方によって負けることは、絶対に避けたいですね。

大げさすぎるキャッチコピーは作り方が相当うまくない限りかなり疑われます。
自社の商品やサービスをよく分析してもども顧客の心に響く部分を探しましょう。
その部分について大げさな表現は使わず、客観的な数字を使ってキャッチコピー
をつくれば見込み客の注意を引くことができます。

ライバルが行っている売れるキャッチコピーの作り方を真似しましょう。
そしてその本質をよく理解してさらに魅力的なキャッチコピーの作り方を考えましょう。
広告キャッチコピーに合わせて商品やサービスを改善していくことも可能なのです。

【抜粋】キャッチコピーの作り方について書いていたいと思います このブログは、音声入力で作成するので、いじって一気に表記が見られる可能性があります。 キャッチコピーは思いついてすぐにでもしないと忘れてしまいがち... 【本文】

広告のキャッチコピーを書く場合には、いつも表現のバランスが問題になります。
ある程度競争の激しい業界ならば、広告キャッチコピーに嘘ではないが、
見込み客に誤解をさせる表現を使っている会社があります。

それは会社と比較されることを考えてある程度大げさな表現を使う必要があります。
といっても明らかな嘘になってはいけないので、どこまでやるか悩みます。
特に商品で勝ってもキャッチコピーの作り方によって負けることは、絶対に避けたいですね。

大げさすぎるキャッチコピーは作り方が相当うまくない限りかなり疑われます。
自社の商品やサービスをよく分析してもども顧客の心に響く部分を探しましょう。
その部分について大げさな表現は使わず、客観的な数字を使ってキャッチコピー
をつくれば見込み客の注意を引くことができます。

ライバルが行っている売れるキャッチコピーの作り方を真似しましょう。
そしてその本質をよく理解してさらに魅力的なキャッチコピーの作り方を考えましょう。
広告キャッチコピーに合わせて商品やサービスを改善していくことも可能なのです。


『小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例』のサイトトップへ
まずは最新記事をチェック↓
カテゴリーから探す
最近の記事から探す
『キャッチコピーの作り方』関連サイト
特選リンク集