小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例

小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例


スポンサードリンク

小企業の広告文の書き方をキャッチコピーの作り方を中心にお教えします。具体例もすこしずつ掲載していきますので、是非参考にしてください。

« 2011年02月 | 『キャッチコピーの作り方』2011年05月 »

『キャッチコピーの作り方』の最新記事【2011年04月】

【抜粋】商品が良く売れる広告キャッチコピーの作り方の基礎は、以下の三つです。 *ここでの広告キャッチコピーの作り方というのは、宣伝文全体を考えます。 ・具体的な数字を使うことで、分かりやすく、信頼しやすくする... 【本文】

商品が良く売れる広告キャッチコピーの作り方の基礎は、以下の三つです。
*ここでの広告キャッチコピーの作り方というのは、宣伝文全体を考えます。

・具体的な数字を使うことで、分かりやすく、信頼しやすくする。
「画期的な」などの形容詞よりははるかに具体的に広告商品の魅力が伝わります。
また、実験データや販売データを提供すれば、かなり信用性も高いです。
もちろん、主観的に約束したい数字でもある程度効果はあります。

・優れた部分のみを抽出したキャッチコピーで注目させる。
まず、魅力的な条件のみを提示して、見込客の注意をひきつけます。
その後、追加条件を出しながら実際の商品を紹介していくのが、
今一番反応が良い広告やキャッチコピーの作り方です。

・あなたのキャッチコピーを見たときの見込客の考え方を想像する。
広告の反応率のデータを正確に取れるのが一番ですが、それは無理
でも具体的に想像していくと、よりよい作り方にたどり着けます。
特定の個人の考え方を想像するのも大切ですし、全体の何割が特定の
部分にどのように反応するかを考えるのも大切です。
最後に購入にいたるまで残るのは数パーセントで十分です。

広告商品の作成に関わっている場合は、作り方よりも伝えたい内容に
集中したほうがより優れたキャッチコピーを作れるようになれます。
同時に優れた商品を製作することも可能となります。

見込客にあった商品の魅力が「わかりやすく」「信頼できる形で」
提示されれば商品は確実に売れます。商品が宣伝通りであれば、
次回も取引してくれる見込客が増えます。

もちろん、見込客の要望を見誤ってしまったり、キャッチコピー
が下手すぎて胡散臭くなってしまったりすれば商品は売れません。
キャッチコピーの作り方を考える際に重要なのは、何を書くかよりも、
「見込客にどう伝わっているのか」です。

見込客の考え方を想像できるようになれば、何をすべきかが明確になり、
売れる広告キャッチコピーと商品の作り方を自然と習得していけます。

【抜粋】商品が良く売れる広告キャッチコピーの作り方の基礎は、以下の三つです。 ・具体的な数字を使うことで、分かりやすく信頼できるようにする。 「すごい」などの形容詞よりははるかに具体的に広告商品の魅力が 伝わ... 【本文】

商品が良く売れる広告キャッチコピーの作り方の基礎は、以下の三つです。
*ここでの広告キャッチコピーの作り方というのは、宣伝文全体を考えます。

・具体的な数字を使うことで、分かりやすく、信頼しやすくする。
「画期的な」などの形容詞よりははるかに具体的に広告商品の魅力が伝わります。
また、実験データや販売データを提供すれば、かなり信用性も高いです。
もちろん、主観的に約束したい数字でもある程度効果はあります。

・優れた部分のみを抽出したキャッチコピーで注目させる。
まず、魅力的な条件のみを提示して、見込客の注意をひきつけます。
その後、追加条件を出しながら実際の商品を紹介していくのが、
今一番反応が良い広告やキャッチコピーの作り方です。

・あなたのキャッチコピーを見たときの見込客の考え方を想像する。
広告の反応率のデータを正確に取れるのが一番ですが、それは無理
でも具体的に想像していくと、よりよい作り方にたどり着けます。
特定の個人の考え方を想像するのも大切ですし、全体の何割が特定の
部分にどのように反応するかを考えるのも大切です。
最後に購入にいたるまで残るのは数パーセントで十分です。

広告商品の作成に関わっている場合は、作り方よりも伝えたい内容に
集中したほうがより優れたキャッチコピーを作れるようになれます。
同時に優れた商品を製作することも可能となります。

見込客にあった商品の魅力が「わかりやすく」「信頼できる形で」
提示されれば商品は確実に売れます。商品が宣伝通りであれば、
次回も取引してくれる見込客が増えます。

もちろん、見込客の要望を見誤ってしまったり、キャッチコピー
が下手すぎて胡散臭くなってしまったりすれば商品は売れません。
キャッチコピーの作り方を考える際に重要なのは、何を書くかよりも、
「見込客にどう伝わっているのか」です。

見込客の考え方を想像できるようになれば、何をすべきかが明確になり、
売れる広告キャッチコピーと商品の作り方を自然と習得していけます。

【抜粋】商品が良く売れるキャッチコピーの作り方の基礎は、以下の三つです。 ・具体的な数字を使うことで、分かりやすく信頼できるようにする。 「すごい」などの形容詞よりははるかに具体的に広告商品の魅力が 伝わり、... 【本文】

商品が良く売れる広告キャッチコピーの作り方の基礎は、以下の三つです。
*ここでの広告キャッチコピーの作り方というのは、宣伝文全体を考えます。

・具体的な数字を使うことで、分かりやすく、信頼しやすくする。
「画期的な」などの形容詞よりははるかに具体的に広告商品の魅力が伝わります。
また、実験データや販売データを提供すれば、かなり信用性も高いです。
もちろん、主観的に約束したい数字でもある程度効果はあります。

・優れた部分のみを抽出したキャッチコピーで注目させる。
まず、魅力的な条件のみを提示して、見込客の注意をひきつけます。
その後、追加条件を出しながら実際の商品を紹介していくのが、
今一番反応が良い広告やキャッチコピーの作り方です。

・あなたのキャッチコピーを見たときの見込客の考え方を想像する。
広告の反応率のデータを正確に取れるのが一番ですが、それは無理
でも具体的に想像していくと、よりよい作り方にたどり着けます。
特定の個人の考え方を想像するのも大切ですし、全体の何割が特定の
部分にどのように反応するかを考えるのも大切です。
最後に購入にいたるまで残るのは数パーセントで十分です。

広告商品の作成に関わっている場合は、作り方よりも伝えたい内容に
集中したほうがより優れたキャッチコピーを作れるようになれます。
同時に優れた商品を製作することも可能となります。

見込客にあった商品の魅力が「わかりやすく」「信頼できる形で」
提示されれば商品は確実に売れます。商品が宣伝通りであれば、
次回も取引してくれる見込客が増えます。

もちろん、見込客の要望を見誤ってしまったり、キャッチコピー
が下手すぎて胡散臭くなってしまったりすれば商品は売れません。
キャッチコピーの作り方を考える際に重要なのは、何を書くかよりも、
「見込客にどう伝わっているのか」です。

見込客の考え方を想像できるようになれば、何をすべきかが明確になり、
売れる広告キャッチコピーと商品の作り方を自然と習得していけます。

【抜粋】商品が良く売れるキャッチコピーの作り方を考える際には、 反応のよい形式というのは決まっていることが注目されます。 ただ、商品作成にも関わっている場合は、その形式の中身に 集中したほうがより優れたキャッ... 【本文】

商品が良く売れる広告キャッチコピーの作り方の基礎は、以下の三つです。
*ここでの広告キャッチコピーの作り方というのは、宣伝文全体を考えます。

・具体的な数字を使うことで、分かりやすく、信頼しやすくする。
「画期的な」などの形容詞よりははるかに具体的に広告商品の魅力が伝わります。
また、実験データや販売データを提供すれば、かなり信用性も高いです。
もちろん、主観的に約束したい数字でもある程度効果はあります。

・優れた部分のみを抽出したキャッチコピーで注目させる。
まず、魅力的な条件のみを提示して、見込客の注意をひきつけます。
その後、追加条件を出しながら実際の商品を紹介していくのが、
今一番反応が良い広告やキャッチコピーの作り方です。

・あなたのキャッチコピーを見たときの見込客の考え方を想像する。
広告の反応率のデータを正確に取れるのが一番ですが、それは無理
でも具体的に想像していくと、よりよい作り方にたどり着けます。
特定の個人の考え方を想像するのも大切ですし、全体の何割が特定の
部分にどのように反応するかを考えるのも大切です。
最後に購入にいたるまで残るのは数パーセントで十分です。

広告商品の作成に関わっている場合は、作り方よりも伝えたい内容に
集中したほうがより優れたキャッチコピーを作れるようになれます。
同時に優れた商品を製作することも可能となります。

見込客にあった商品の魅力が「わかりやすく」「信頼できる形で」
提示されれば商品は確実に売れます。商品が宣伝通りであれば、
次回も取引してくれる見込客が増えます。

もちろん、見込客の要望を見誤ってしまったり、キャッチコピー
が下手すぎて胡散臭くなってしまったりすれば商品は売れません。
キャッチコピーの作り方を考える際に重要なのは、何を書くかよりも、
「見込客にどう伝わっているのか」です。

見込客の考え方を想像できるようになれば、何をすべきかが明確になり、
売れる広告キャッチコピーと商品の作り方を自然と習得していけます。

【抜粋】一番大切な顧客に絞り込んだキャッチコピーの作り方を学ぶと、 宣伝する商品がよく売れるだけでなく、社会全体を見た場合に も最適なマッチングが行われることになります。 馬鹿な人にたくさん売れる詐欺的なキャ... 【本文】

商品が良く売れる広告キャッチコピーの作り方の基礎は、以下の三つです。
*ここでの広告キャッチコピーの作り方というのは、宣伝文全体を考えます。

・具体的な数字を使うことで、分かりやすく、信頼しやすくする。
「画期的な」などの形容詞よりははるかに具体的に広告商品の魅力が伝わります。
また、実験データや販売データを提供すれば、かなり信用性も高いです。
もちろん、主観的に約束したい数字でもある程度効果はあります。

・優れた部分のみを抽出したキャッチコピーで注目させる。
まず、魅力的な条件のみを提示して、見込客の注意をひきつけます。
その後、追加条件を出しながら実際の商品を紹介していくのが、
今一番反応が良い広告やキャッチコピーの作り方です。

・あなたのキャッチコピーを見たときの見込客の考え方を想像する。
広告の反応率のデータを正確に取れるのが一番ですが、それは無理
でも具体的に想像していくと、よりよい作り方にたどり着けます。
特定の個人の考え方を想像するのも大切ですし、全体の何割が特定の
部分にどのように反応するかを考えるのも大切です。
最後に購入にいたるまで残るのは数パーセントで十分です。

広告商品の作成に関わっている場合は、作り方よりも伝えたい内容に
集中したほうがより優れたキャッチコピーを作れるようになれます。
同時に優れた商品を製作することも可能となります。

見込客にあった商品の魅力が「わかりやすく」「信頼できる形で」
提示されれば商品は確実に売れます。商品が宣伝通りであれば、
次回も取引してくれる見込客が増えます。

もちろん、見込客の要望を見誤ってしまったり、キャッチコピー
が下手すぎて胡散臭くなってしまったりすれば商品は売れません。
キャッチコピーの作り方を考える際に重要なのは、何を書くかよりも、
「見込客にどう伝わっているのか」です。

見込客の考え方を想像できるようになれば、何をすべきかが明確になり、
売れる広告キャッチコピーと商品の作り方を自然と習得していけます。

【抜粋】メインの顧客層に絞り込んだキャッチコピーの作り方を学ぶと、 広告した商品がよく売れるだけでなく、社会全体を見た場合に 最適なマッチングが行われることになります。 馬鹿な人にたくさん売れる詐欺的なキャッ... 【本文】

商品が良く売れる広告キャッチコピーの作り方の基礎は、以下の三つです。
*ここでの広告キャッチコピーの作り方というのは、宣伝文全体を考えます。

・具体的な数字を使うことで、分かりやすく、信頼しやすくする。
「画期的な」などの形容詞よりははるかに具体的に広告商品の魅力が伝わります。
また、実験データや販売データを提供すれば、かなり信用性も高いです。
もちろん、主観的に約束したい数字でもある程度効果はあります。

・優れた部分のみを抽出したキャッチコピーで注目させる。
まず、魅力的な条件のみを提示して、見込客の注意をひきつけます。
その後、追加条件を出しながら実際の商品を紹介していくのが、
今一番反応が良い広告やキャッチコピーの作り方です。

・あなたのキャッチコピーを見たときの見込客の考え方を想像する。
広告の反応率のデータを正確に取れるのが一番ですが、それは無理
でも具体的に想像していくと、よりよい作り方にたどり着けます。
特定の個人の考え方を想像するのも大切ですし、全体の何割が特定の
部分にどのように反応するかを考えるのも大切です。
最後に購入にいたるまで残るのは数パーセントで十分です。

広告商品の作成に関わっている場合は、作り方よりも伝えたい内容に
集中したほうがより優れたキャッチコピーを作れるようになれます。
同時に優れた商品を製作することも可能となります。

見込客にあった商品の魅力が「わかりやすく」「信頼できる形で」
提示されれば商品は確実に売れます。商品が宣伝通りであれば、
次回も取引してくれる見込客が増えます。

もちろん、見込客の要望を見誤ってしまったり、キャッチコピー
が下手すぎて胡散臭くなってしまったりすれば商品は売れません。
キャッチコピーの作り方を考える際に重要なのは、何を書くかよりも、
「見込客にどう伝わっているのか」です。

見込客の考え方を想像できるようになれば、何をすべきかが明確になり、
売れる広告キャッチコピーと商品の作り方を自然と習得していけます。


『小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例』のサイトトップへ
まずは最新記事をチェック↓
  • 商品が良く売れる広告キャッチコピーの作り方の基礎3
    商品が良く売れる広告キャッチコピーの作り方の基礎は、以下の三つです。 *ここでの広告キャッチコピーの作り方というのは、宣伝文全体を考えます。 ・具体的な数字を使うことで、分かりやすく、信頼しやすくする...
カテゴリーから探す
最近の記事から探す
  • キャッチコピーの作り方を学ぶ意味とは?
    一番大切な顧客に絞り込んだキャッチコピーの作り方を学ぶと、 宣伝する商品がよく売れるだけでなく、社会全体を見た場合に も最適なマッチングが行われることになります。 馬鹿な人にたくさん売れる詐欺的なキャ...
  • 詐欺的なキャッチコピーの作り方とあなたの商品
    メインの顧客層に絞り込んだキャッチコピーの作り方を学ぶと、 広告した商品がよく売れるだけでなく、社会全体を見た場合に 最適なマッチングが行われることになります。 馬鹿な人にたくさん売れる詐欺的なキャッ...
『キャッチコピーの作り方』関連サイト
特選リンク集