小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例

小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例


スポンサードリンク

小企業の広告文の書き方をキャッチコピーの作り方を中心にお教えします。具体例もすこしずつ掲載していきますので、是非参考にしてください。

« 2011年10月 | 『キャッチコピーの作り方』2012年02月 »

『キャッチコピーの作り方』の最新記事【2011年11月】

【抜粋】◆宣伝文全体を、販売計画全体を、考えることが大切です。 キャッチコピーの事例集において、作り方のすごさを語るために、 「言葉の短さの割に大きな効果」を強調して、事例集にインパクト を持たせている物が多... 【本文】

◆宣伝文全体を、販売計画全体を、考えることが大切です。

キャッチコピーの事例集において、作り方のすごさを語るために、
「言葉の短さの割に大きな効果」を強調して、事例集にインパクト
を持たせている物が多いです。

しかし、実務上はインパクトのあるキャッチコピーの作り方を真似るよりも、
販売システム全体をしっかり構築することのほうが大切です。
どういう流れで、キャッチコピーまでたどり着いたかを考えるのです。

あなたの目的を達成するために広告全体・販売計画全体を具体的に
しっかり考えながら行えるキャッチコピーの作り方を習得しましょう。
これから紹介する、実用的な知識は、すぐに実務で役立ちます。

◆よく売れる広告キャッチコピーの3原則
商品が良く売れる広告キャッチコピーの作り方の重要な3原則を以下に記します。
難しいことを考える暇のない方は、この原則に形式的に従って作っても良いです。
「正しいキャッチコピーの作り方」を学ぶことは、時間がかかることが多いですから。

1.優れた部分のみを抽出したキャッチコピーで注目させる。
2.具体的な数字を使うことで、分かりやすく、信頼しやすくする。
3.すべてのキャッチコピーを見たときの見込客の考え方を想像する。

◆「よく売れる広告キャッチコピーの3原則」を解説していきます。

1.優れた部分のみを抽出したキャッチコピーで注目させる。
まず、魅力的な条件のみを提示して、読者に注目させます。
その後、追加条件を出しながら実際の商品を紹介していくのが、
一番反応が良い広告文章やキャッチコピーの作り方です。

どんなに素晴らしさをデータや論理やお客様の声で説明できる商品だと
しても、興味を持ってもらわなくては、売ることができません。
「うますぎる話」に見えるほうが、より多くの人の注意をひくことが出来ます。

読者を「興味のない状態」から「疑っている状態」に変えた後で、
データや論理を使って感情に訴えつつ説得していきましょう。

*ただ、当然限度はあります。
読者の種類によって限度は違うので、程度の違うキャッチコピーを試してみましょう。
しっかり分析ツールを使って、反応率を確かめれば、特定の層にふさわしいレベルが
正確にわかるようになります。

2.具体的な数字を使うことで、分かりやすく、信頼しやすくする。
キャッチコピーに具体的な数字を使うことで、「画期的な」などの形容詞
よりもはるかに明確かつ確実にあなたの商品の魅力が伝わります。

本物に見える実験データや販売データを提供すれば、さらに信用されます。
さらに言えば、主観的に約束したい数字でもある程度の効果はあります。

ただ、適当な数字を約束する人が増えている業界では、
それなりに根拠を提示しないと信用してもらえません。

キャッチコピーの作り方のテクニックを使えば、目の前の商品は確実に売れます。
その知識を応用して、商品をしっかり作りこめば、次の商品を簡単に既存客に売れます。
次から次へと簡単に商品を売れるようになると、広告費を節約できるので、
ビシネスが安定します。

3.すべてのキャッチコピーを見たときの見込客の考え方を想像する。
広告の反応率のデータを正確に取れるのが一番ですが、それは無理
でも具体的に想像していくと、よりよい作り方にたどり着けます。
特定の個人の考え方を想像するのも大切ですし、全体の何割が
特定の部分にどのように反応するかを考えるのも大切です。

また、データを取る前に、色々考えておくと、より役立つデータを取る方法をひらめき、
得られたデータをより確実に有効活用する方法もひらめきます。

想定しうる限りの事実に基づいた想像の上で、購入者が最大になる作り方を考えていきましょう。
自分より賢い人相手にビジネスをするのか、自分を先生としてみてくれる人相手に
ビジネスをするのか、などと顧客層を考えなおすのが有効なこともあります。
他にも、ビジネスを発展させるために、考えることはたくさんあります。

そもそも広告商品が必要ない人には売ることはできませんし、
まだ買うべき時期ではない人々もたくさんいるので、
一回の広告で購入にいたるのは数パーセントで十分です。
高額少数販売の商品ならば、1%以下でもビジネスが成り立ちます。
逆にこの成約率で利益が出ないようなら、ビジネスモデルを考え直したほうがよいでしょう。

特殊な業界の場合は、セオリー通りにただ書くだけでは不十分です。
キャッチコピーの作り方ノウハウの作成者が知らないような特殊な業界事情に配慮しましょう。
ただ、「多くの業界で共通していること」を「自分の業界独自のこと」と勘違いしないように気をつけましょう。

あなたが、どちらに偏っているかは、データで調査してみないとわかりません。
正確なノウハウと自分流のノウハウの反応率をデータを取って比べるのがよいでしょう。

◆キャッチコピーの作り方を商品作成に活かす。
広告商品の作成にも関わっている場合は、キャッチコピーの作り方の
知識が見込客にとってほんとうに良い商品を作ることにも役立ちます。
商品の売りを決める際に重要な視点やアイディアを提供できるのです。

見込客にあった商品の魅力が「わかりやすく」「信頼できる形で」
提示されれば商品は確実に売れます。商品が宣伝通りであれば、
次回以降も購入する得意客がどんどん増えていきます。

◆キャッチコピーの作り方にとらわれないようにしましょう。
常連には、キャッチコピーの作り方のノウハウをあまり使わなくても良いです。
ただ、分かりやすく簡潔に得意客が望む情報と商品を提供し続ければ良いのです。
読み手の気持ちをよく理解して広告を書くことが大切です。
すでに興味関心がある人にとって、「興味関心を抱かすための文章」は余計です。
ただ、興味関心を持たせたい人も読む場合は、それ以外の人には読み飛ばして
もらえばよいので、しっかり「興味関心を抱かすための文章」を書くべきです。


『小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例』のサイトトップへ
まずは最新記事をチェック↓
カテゴリーから探す
最近の記事から探す
『キャッチコピーの作り方』関連サイト
特選リンク集