小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例

小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例


スポンサードリンク

小企業の広告文の書き方をキャッチコピーの作り方を中心にお教えします。具体例もすこしずつ掲載していきますので、是非参考にしてください。

« 2011年11月 | 『キャッチコピーの作り方』2012年03月 »

『キャッチコピーの作り方』の最新記事【2012年02月】

【抜粋】キャッチコピーとして有力なのは「衝撃の事実」です。業界における重要ニュースを伝えられれば、「衝撃の事実」を伝えたことになります。キャッチコピーですから、衝撃の事実といえる最新の重要ニュースから特に衝撃... 【本文】

キャッチコピーとして有力なのは「衝撃の事実」です。業界における重要ニュースを伝えられれば、「衝撃の事実」を伝えたことになります。キャッチコピーですから、衝撃の事実といえる最新の重要ニュースから特に衝撃的な部分だけを抜き出すことが有効です。それなりのニュースでも、一部の語句を除くことで衝撃の事実にすることは可能です。文字数の限られたキャッチコピーでなら、一分の情報しか伝えられないのはおかしなことではありません。嘘に抵抗のある方も気軽にできるでしょう。

広告文やキャッチコピーを作るときは、完全に正確な事実だけを話せるとは限りません。そして、見込み客の人々もその事を知っています。ですから、自分を基準に嘘や真実を判断せずに見込み客の視点でどう見えるかを考えてください。また、見込み客も日々、マスコミや書籍や他のサイトなどを通じて大量のウソにふれています。その大量の嘘に触れている見込み客があなたのキャッチコピーや広告を見てどのように考えるかを想像してください。そして、真に見込み客のためになるように見込み客を誘導するのです。

あなたが優れたサービスや商品を提供していても、正直すぎてあまり魅力を感じさせることが出来なければ、あなたの見込み客はうまく煽っているだけの低品質なサービスや商品を買うことになってしまうでしょう。場合によっては、キャッチコピーと広告だけ良くできた詐欺的なサービスや商品を買うことになってしまうかもしれません。

【抜粋】伝えたい言葉を伝えるだけでキャッチコピーになってしまう天才にとってはキャッチコピーの作り方を考える必要などないでしょう。特に、専業のコピーライターになるのでなければ、勘だけでやっていてもうまくいきます... 【本文】

キャッチコピーとして有力なのは「衝撃の事実」です。業界における重要ニュースを伝えられれば、「衝撃の事実」を伝えたことになります。キャッチコピーですから、衝撃の事実といえる最新の重要ニュースから特に衝撃的な部分だけを抜き出すことが有効です。それなりのニュースでも、一部の語句を除くことで衝撃の事実にすることは可能です。文字数の限られたキャッチコピーでなら、一分の情報しか伝えられないのはおかしなことではありません。嘘に抵抗のある方も気軽にできるでしょう。

広告文やキャッチコピーを作るときは、完全に正確な事実だけを話せるとは限りません。そして、見込み客の人々もその事を知っています。ですから、自分を基準に嘘や真実を判断せずに見込み客の視点でどう見えるかを考えてください。また、見込み客も日々、マスコミや書籍や他のサイトなどを通じて大量のウソにふれています。その大量の嘘に触れている見込み客があなたのキャッチコピーや広告を見てどのように考えるかを想像してください。そして、真に見込み客のためになるように見込み客を誘導するのです。

あなたが優れたサービスや商品を提供していても、正直すぎてあまり魅力を感じさせることが出来なければ、あなたの見込み客はうまく煽っているだけの低品質なサービスや商品を買うことになってしまうでしょう。場合によっては、キャッチコピーと広告だけ良くできた詐欺的なサービスや商品を買うことになってしまうかもしれません。

【抜粋】キャッチコピーの作り方に関してもっと掘り下げるために、今回はアンチキャッチコピーの立場の記事を書いてみたいと思います。といっても、キャッチコピーの重要性は非常に高いのでアンチの立場を取るのは難しいです... 【本文】

キャッチコピーとして有力なのは「衝撃の事実」です。業界における重要ニュースを伝えられれば、「衝撃の事実」を伝えたことになります。キャッチコピーですから、衝撃の事実といえる最新の重要ニュースから特に衝撃的な部分だけを抜き出すことが有効です。それなりのニュースでも、一部の語句を除くことで衝撃の事実にすることは可能です。文字数の限られたキャッチコピーでなら、一分の情報しか伝えられないのはおかしなことではありません。嘘に抵抗のある方も気軽にできるでしょう。

広告文やキャッチコピーを作るときは、完全に正確な事実だけを話せるとは限りません。そして、見込み客の人々もその事を知っています。ですから、自分を基準に嘘や真実を判断せずに見込み客の視点でどう見えるかを考えてください。また、見込み客も日々、マスコミや書籍や他のサイトなどを通じて大量のウソにふれています。その大量の嘘に触れている見込み客があなたのキャッチコピーや広告を見てどのように考えるかを想像してください。そして、真に見込み客のためになるように見込み客を誘導するのです。

あなたが優れたサービスや商品を提供していても、正直すぎてあまり魅力を感じさせることが出来なければ、あなたの見込み客はうまく煽っているだけの低品質なサービスや商品を買うことになってしまうでしょう。場合によっては、キャッチコピーと広告だけ良くできた詐欺的なサービスや商品を買うことになってしまうかもしれません。

【抜粋】優れたキャッチコピーの作り方を考えるときに、検索キーワードの重要性を忘れてはいけません。検索キーワードには、見込み客のニーズが隠れているので、それを発見して参考にするのが絶対条件です。そのためには、ま... 【本文】

キャッチコピーとして有力なのは「衝撃の事実」です。業界における重要ニュースを伝えられれば、「衝撃の事実」を伝えたことになります。キャッチコピーですから、衝撃の事実といえる最新の重要ニュースから特に衝撃的な部分だけを抜き出すことが有効です。それなりのニュースでも、一部の語句を除くことで衝撃の事実にすることは可能です。文字数の限られたキャッチコピーでなら、一分の情報しか伝えられないのはおかしなことではありません。嘘に抵抗のある方も気軽にできるでしょう。

広告文やキャッチコピーを作るときは、完全に正確な事実だけを話せるとは限りません。そして、見込み客の人々もその事を知っています。ですから、自分を基準に嘘や真実を判断せずに見込み客の視点でどう見えるかを考えてください。また、見込み客も日々、マスコミや書籍や他のサイトなどを通じて大量のウソにふれています。その大量の嘘に触れている見込み客があなたのキャッチコピーや広告を見てどのように考えるかを想像してください。そして、真に見込み客のためになるように見込み客を誘導するのです。

あなたが優れたサービスや商品を提供していても、正直すぎてあまり魅力を感じさせることが出来なければ、あなたの見込み客はうまく煽っているだけの低品質なサービスや商品を買うことになってしまうでしょう。場合によっては、キャッチコピーと広告だけ良くできた詐欺的なサービスや商品を買うことになってしまうかもしれません。

【抜粋】キャッチコピーの作り方を考えるのは結構難しいです。時によって作り方が異なりますし、人によっても大きく異なることが多いですから。そして、大半のケースでキャッチコピーの効果を正確に測定するシステムがないの... 【本文】

キャッチコピーとして有力なのは「衝撃の事実」です。業界における重要ニュースを伝えられれば、「衝撃の事実」を伝えたことになります。キャッチコピーですから、衝撃の事実といえる最新の重要ニュースから特に衝撃的な部分だけを抜き出すことが有効です。それなりのニュースでも、一部の語句を除くことで衝撃の事実にすることは可能です。文字数の限られたキャッチコピーでなら、一分の情報しか伝えられないのはおかしなことではありません。嘘に抵抗のある方も気軽にできるでしょう。

広告文やキャッチコピーを作るときは、完全に正確な事実だけを話せるとは限りません。そして、見込み客の人々もその事を知っています。ですから、自分を基準に嘘や真実を判断せずに見込み客の視点でどう見えるかを考えてください。また、見込み客も日々、マスコミや書籍や他のサイトなどを通じて大量のウソにふれています。その大量の嘘に触れている見込み客があなたのキャッチコピーや広告を見てどのように考えるかを想像してください。そして、真に見込み客のためになるように見込み客を誘導するのです。

あなたが優れたサービスや商品を提供していても、正直すぎてあまり魅力を感じさせることが出来なければ、あなたの見込み客はうまく煽っているだけの低品質なサービスや商品を買うことになってしまうでしょう。場合によっては、キャッチコピーと広告だけ良くできた詐欺的なサービスや商品を買うことになってしまうかもしれません。

【抜粋】クライアントから具体的な指示がなくキャッチコピーを作る依頼を受けたときは、短期的にみてうまくいきそうな作り方をします。そのほうが高く評価されることがわかっているからです。それで実際に結果が出れば、クラ... 【本文】

キャッチコピーとして有力なのは「衝撃の事実」です。業界における重要ニュースを伝えられれば、「衝撃の事実」を伝えたことになります。キャッチコピーですから、衝撃の事実といえる最新の重要ニュースから特に衝撃的な部分だけを抜き出すことが有効です。それなりのニュースでも、一部の語句を除くことで衝撃の事実にすることは可能です。文字数の限られたキャッチコピーでなら、一分の情報しか伝えられないのはおかしなことではありません。嘘に抵抗のある方も気軽にできるでしょう。

広告文やキャッチコピーを作るときは、完全に正確な事実だけを話せるとは限りません。そして、見込み客の人々もその事を知っています。ですから、自分を基準に嘘や真実を判断せずに見込み客の視点でどう見えるかを考えてください。また、見込み客も日々、マスコミや書籍や他のサイトなどを通じて大量のウソにふれています。その大量の嘘に触れている見込み客があなたのキャッチコピーや広告を見てどのように考えるかを想像してください。そして、真に見込み客のためになるように見込み客を誘導するのです。

あなたが優れたサービスや商品を提供していても、正直すぎてあまり魅力を感じさせることが出来なければ、あなたの見込み客はうまく煽っているだけの低品質なサービスや商品を買うことになってしまうでしょう。場合によっては、キャッチコピーと広告だけ良くできた詐欺的なサービスや商品を買うことになってしまうかもしれません。

【抜粋】他人からキャッチコピーを作る依頼を受けたときは、客観的にみてうまくいきそうな作り方をします。自分が経営する企業のキャッチコピーを作るときは、自分の心に響いた表現を使って、自分とビジネスをする人を絞り込... 【本文】

キャッチコピーとして有力なのは「衝撃の事実」です。業界における重要ニュースを伝えられれば、「衝撃の事実」を伝えたことになります。キャッチコピーですから、衝撃の事実といえる最新の重要ニュースから特に衝撃的な部分だけを抜き出すことが有効です。それなりのニュースでも、一部の語句を除くことで衝撃の事実にすることは可能です。文字数の限られたキャッチコピーでなら、一分の情報しか伝えられないのはおかしなことではありません。嘘に抵抗のある方も気軽にできるでしょう。

広告文やキャッチコピーを作るときは、完全に正確な事実だけを話せるとは限りません。そして、見込み客の人々もその事を知っています。ですから、自分を基準に嘘や真実を判断せずに見込み客の視点でどう見えるかを考えてください。また、見込み客も日々、マスコミや書籍や他のサイトなどを通じて大量のウソにふれています。その大量の嘘に触れている見込み客があなたのキャッチコピーや広告を見てどのように考えるかを想像してください。そして、真に見込み客のためになるように見込み客を誘導するのです。

あなたが優れたサービスや商品を提供していても、正直すぎてあまり魅力を感じさせることが出来なければ、あなたの見込み客はうまく煽っているだけの低品質なサービスや商品を買うことになってしまうでしょう。場合によっては、キャッチコピーと広告だけ良くできた詐欺的なサービスや商品を買うことになってしまうかもしれません。

【抜粋】「求人広告 キャッチコピー」のクリック単価が一番高いです。ただ、検索数は少ないです。そういう意味では、「企業 キャッチコピー」が事実上の一位と言えます。これは有名な企業による商用キャッチコピー=広告用... 【本文】

キャッチコピーとして有力なのは「衝撃の事実」です。業界における重要ニュースを伝えられれば、「衝撃の事実」を伝えたことになります。キャッチコピーですから、衝撃の事実といえる最新の重要ニュースから特に衝撃的な部分だけを抜き出すことが有効です。それなりのニュースでも、一部の語句を除くことで衝撃の事実にすることは可能です。文字数の限られたキャッチコピーでなら、一分の情報しか伝えられないのはおかしなことではありません。嘘に抵抗のある方も気軽にできるでしょう。

広告文やキャッチコピーを作るときは、完全に正確な事実だけを話せるとは限りません。そして、見込み客の人々もその事を知っています。ですから、自分を基準に嘘や真実を判断せずに見込み客の視点でどう見えるかを考えてください。また、見込み客も日々、マスコミや書籍や他のサイトなどを通じて大量のウソにふれています。その大量の嘘に触れている見込み客があなたのキャッチコピーや広告を見てどのように考えるかを想像してください。そして、真に見込み客のためになるように見込み客を誘導するのです。

あなたが優れたサービスや商品を提供していても、正直すぎてあまり魅力を感じさせることが出来なければ、あなたの見込み客はうまく煽っているだけの低品質なサービスや商品を買うことになってしまうでしょう。場合によっては、キャッチコピーと広告だけ良くできた詐欺的なサービスや商品を買うことになってしまうかもしれません。


『小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例』のサイトトップへ
まずは最新記事をチェック↓
  • 嘘とごまかしで詐欺から守る
    キャッチコピーとして有力なのは「衝撃の事実」です。業界における重要ニュースを伝えられれば、「衝撃の事実」を伝えたことになります。キャッチコピーですから、衝撃の事実といえる最新の重要ニュースから特に衝撃...
カテゴリーから探す
最近の記事から探す
  • 優れたサービスをリンク紹介していきます。
    キャッチコピーの作り方を考えるのは結構難しいです。時によって作り方が異なりますし、人によっても大きく異なることが多いですから。そして、大半のケースでキャッチコピーの効果を正確に測定するシステムがないの...
  • 短期的な成果にとらわれない
    クライアントから具体的な指示がなくキャッチコピーを作る依頼を受けたときは、短期的にみてうまくいきそうな作り方をします。そのほうが高く評価されることがわかっているからです。それで実際に結果が出れば、クラ...
  • 長期的に見ると作り方が変わる。
    他人からキャッチコピーを作る依頼を受けたときは、客観的にみてうまくいきそうな作り方をします。自分が経営する企業のキャッチコピーを作るときは、自分の心に響いた表現を使って、自分とビジネスをする人を絞り込...
  • 検索キーワードから需要を分析します。
    「求人広告 キャッチコピー」のクリック単価が一番高いです。ただ、検索数は少ないです。そういう意味では、「企業 キャッチコピー」が事実上の一位と言えます。これは有名な企業による商用キャッチコピー=広告用...
『キャッチコピーの作り方』関連サイト
特選リンク集