小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例

小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例


スポンサードリンク

小企業の広告文の書き方をキャッチコピーの作り方を中心にお教えします。具体例もすこしずつ掲載していきますので、是非参考にしてください。

« 2012年02月 | 『キャッチコピーの作り方』2012年07月 »

『キャッチコピーの作り方』の最新記事【2012年03月】

【抜粋】*全額返金保証付き*インターネットに特化した広告文章の作り方の本質を紹介する裏ルートの秘密の書籍を読み込まないと、インターネットで効果のあるキャッチコピーを作ることはできません。本当に自分の文章で商品... 【本文】

*全額返金保証付き*インターネットに特化した広告文章の作り方の本質を紹介する裏ルートの秘密の書籍を読み込まないと、インターネットで効果のあるキャッチコピーを作ることはできません。本当に自分の文章で商品を売りたいのならば、サイトの構造や位置づけも含めて、全体を考えた上で広告文章を作る必要があるのです。オンラインとオフラインの見込み客の行動の違いを理解しないと、キャッチコピーの作り方ノウハウは逆効果になることが多いのです。

下記の内容は、リンク先から転載していますので、最新の情報は上記のリンクからご覧下さい。

(キャッチコピーの作り方も学べる書籍紹介文?)
なぜ、あるキャッチコピーの作り方をしっかり学んで作ったサイトなのに3秒で閉じられてしまうのでしょうか?

サイト閲覧中は多くの刺激にさらされています。
突然フェイスブックからメッセージが入ったり、新着メールが気になってなんとなく受信箱をチェックしてみたり、友達や有名人のブログが気になってお気に入りリンクをクリックしたり、Skypeや携帯電話に電話がかかってきたり、家族が帰ってきたり、家族が歌い出したり、家族が話しかけてきたり…

集中して見るサイトはごく少数で、キャッチコピーのうまさだけでは、集中してもらうことができないのです。あなたのページが構想段階から、しっかりつくられたものでないと、他のことを優先してしまいます。

こういった人たちを相手に自社の商品やサービスをインターネットを使ってどう見せればいいのか?
邪魔が入っても引き続き見てもらうには?

もし、あなたがそういったことに興味があるなら
この本「オンライン・コピーライターズ・ハンドブック」
が役に立つでしょう。

(監訳者序文より)

元々コピーライティングは、
新聞や雑誌広告、ダイレクトメールといった
プリントメディアの反応を高めるために
研究されてきた分野である。

実際に世の中にある「文章術」の本や教材は、
その影響を受けて書かれているものだ。

だから、それを元にいわゆる
長いセールスレターを書いて

それをそのまま長い1枚ものの
ウェブサイトにしたとしても、

それはグーグルアドワーズなどのメジャーな
インターネット広告のほとんどに出稿できない。
(ダイレクトメールなら、問題なく出せたとしても)

広告媒体にとっても一般的なユーザーにとっても、
信頼性が低いとみなされるからだ。

そしてこのようなことは、
オフラインとオンラインのコピーの違いの、
ほんの一部に過ぎない。

そして、その「違い」を指南してくれるのが
この本書である。

これは「文章術」よりももっと重要な、
もっとインパクトのあるアドバイスだ。

本書はあなたの視野を広げ、インターネットでの
コピーライティング・ビジネスにおける、
大きな可能性を感じさせてくれるだろう。


目次:

第1部 オンラインコピーの基本

第1章 ネットが、コピーの書き方を変える!?
第2章 購買欲をそそるコピーとは
第3章 コピーを視覚化する

第2部 オンラインコピーライティングの実践
第4章 成約率の高いウェブサイトを制作する
第5章 トップページで訪問者の心をつかむ方法
第6章 ウェブサイト全体を魅力あるものにする
第7章 Eメールによるマーケティング
第8章 結果を出すヘッドラインの書き方
第9章 ニュースレターとメールマガジン活用法
第10章 ウェブドキュメント作成のガイドライン


著者紹介:

ロバート・ブライ(Robert W.Bly)

ダイレクト・レスポンス・マーケティング界の伝説のマーケター、コピーライター。

ロバート・ブライはオンライン、ダイレクトレスポンス、B2Bマーケティングを専門としているフリーランスのコピーライター。フリーランスのコピーライティングの収入だけで毎年70万ドル以上あり、30代で億万長者になった。彼はまた、たった1ヶ月に数時間働くだけで年間20万ドルを稼ぐインターネットマーケティングのプロでもあり、70冊以上の本の著者でもある。

コピーライターとしてのキャリアは四半世紀以上あり、Sony、IBM、AT&T、フィリップス、アゴラ(年商500億円規模のダイレクトレスポンスの企業)など、100社以上のクライアントにコピーを書いてきた。彼のコピーは、ダイレクトマーケティング協会、ウェブマーケティング協会、情報産業協会、などをはじめとする団体から、数々の賞を受賞している。また、ニューヨーク大学でライティングを教える講師でもあり、CNBCやアドバタイジングショーなどたくさんのTVやラジオにゲスト出演し、ロサンゼルス・タイムズ紙、ニューヨーク・ポスト紙、ナショナル・エンクワイアラー紙などの有名なメディアでも特集されてきた。今、アメリカで最も実力のあるコピーライターの一人。

【抜粋】キャッチコピーの作り方を考える際には、見込み客の欲求に注意を向けることが大切です。そして、見込み客の心理をよく考えて、その欲求を満たすために、自分の企業の広告文章を読むという決断をしてもらうのです。こ... 【本文】

*全額返金保証付き*インターネットに特化した広告文章の作り方の本質を紹介する裏ルートの秘密の書籍を読み込まないと、インターネットで効果のあるキャッチコピーを作ることはできません。本当に自分の文章で商品を売りたいのならば、サイトの構造や位置づけも含めて、全体を考えた上で広告文章を作る必要があるのです。オンラインとオフラインの見込み客の行動の違いを理解しないと、キャッチコピーの作り方ノウハウは逆効果になることが多いのです。

下記の内容は、リンク先から転載していますので、最新の情報は上記のリンクからご覧下さい。

(キャッチコピーの作り方も学べる書籍紹介文?)
なぜ、あるキャッチコピーの作り方をしっかり学んで作ったサイトなのに3秒で閉じられてしまうのでしょうか?

サイト閲覧中は多くの刺激にさらされています。
突然フェイスブックからメッセージが入ったり、新着メールが気になってなんとなく受信箱をチェックしてみたり、友達や有名人のブログが気になってお気に入りリンクをクリックしたり、Skypeや携帯電話に電話がかかってきたり、家族が帰ってきたり、家族が歌い出したり、家族が話しかけてきたり…

集中して見るサイトはごく少数で、キャッチコピーのうまさだけでは、集中してもらうことができないのです。あなたのページが構想段階から、しっかりつくられたものでないと、他のことを優先してしまいます。

こういった人たちを相手に自社の商品やサービスをインターネットを使ってどう見せればいいのか?
邪魔が入っても引き続き見てもらうには?

もし、あなたがそういったことに興味があるなら
この本「オンライン・コピーライターズ・ハンドブック」
が役に立つでしょう。

(監訳者序文より)

元々コピーライティングは、
新聞や雑誌広告、ダイレクトメールといった
プリントメディアの反応を高めるために
研究されてきた分野である。

実際に世の中にある「文章術」の本や教材は、
その影響を受けて書かれているものだ。

だから、それを元にいわゆる
長いセールスレターを書いて

それをそのまま長い1枚ものの
ウェブサイトにしたとしても、

それはグーグルアドワーズなどのメジャーな
インターネット広告のほとんどに出稿できない。
(ダイレクトメールなら、問題なく出せたとしても)

広告媒体にとっても一般的なユーザーにとっても、
信頼性が低いとみなされるからだ。

そしてこのようなことは、
オフラインとオンラインのコピーの違いの、
ほんの一部に過ぎない。

そして、その「違い」を指南してくれるのが
この本書である。

これは「文章術」よりももっと重要な、
もっとインパクトのあるアドバイスだ。

本書はあなたの視野を広げ、インターネットでの
コピーライティング・ビジネスにおける、
大きな可能性を感じさせてくれるだろう。


目次:

第1部 オンラインコピーの基本

第1章 ネットが、コピーの書き方を変える!?
第2章 購買欲をそそるコピーとは
第3章 コピーを視覚化する

第2部 オンラインコピーライティングの実践
第4章 成約率の高いウェブサイトを制作する
第5章 トップページで訪問者の心をつかむ方法
第6章 ウェブサイト全体を魅力あるものにする
第7章 Eメールによるマーケティング
第8章 結果を出すヘッドラインの書き方
第9章 ニュースレターとメールマガジン活用法
第10章 ウェブドキュメント作成のガイドライン


著者紹介:

ロバート・ブライ(Robert W.Bly)

ダイレクト・レスポンス・マーケティング界の伝説のマーケター、コピーライター。

ロバート・ブライはオンライン、ダイレクトレスポンス、B2Bマーケティングを専門としているフリーランスのコピーライター。フリーランスのコピーライティングの収入だけで毎年70万ドル以上あり、30代で億万長者になった。彼はまた、たった1ヶ月に数時間働くだけで年間20万ドルを稼ぐインターネットマーケティングのプロでもあり、70冊以上の本の著者でもある。

コピーライターとしてのキャリアは四半世紀以上あり、Sony、IBM、AT&T、フィリップス、アゴラ(年商500億円規模のダイレクトレスポンスの企業)など、100社以上のクライアントにコピーを書いてきた。彼のコピーは、ダイレクトマーケティング協会、ウェブマーケティング協会、情報産業協会、などをはじめとする団体から、数々の賞を受賞している。また、ニューヨーク大学でライティングを教える講師でもあり、CNBCやアドバタイジングショーなどたくさんのTVやラジオにゲスト出演し、ロサンゼルス・タイムズ紙、ニューヨーク・ポスト紙、ナショナル・エンクワイアラー紙などの有名なメディアでも特集されてきた。今、アメリカで最も実力のあるコピーライターの一人。

【抜粋】まずは優れた広告キャッチコピーの具体例をいくつか提示していきます。実際に効果のあったものを少し改変して掲載しています。当然マーケティング戦略やセールスレター全体などと連動することで価値が決まりますが、... 【本文】

*全額返金保証付き*インターネットに特化した広告文章の作り方の本質を紹介する裏ルートの秘密の書籍を読み込まないと、インターネットで効果のあるキャッチコピーを作ることはできません。本当に自分の文章で商品を売りたいのならば、サイトの構造や位置づけも含めて、全体を考えた上で広告文章を作る必要があるのです。オンラインとオフラインの見込み客の行動の違いを理解しないと、キャッチコピーの作り方ノウハウは逆効果になることが多いのです。

下記の内容は、リンク先から転載していますので、最新の情報は上記のリンクからご覧下さい。

(キャッチコピーの作り方も学べる書籍紹介文?)
なぜ、あるキャッチコピーの作り方をしっかり学んで作ったサイトなのに3秒で閉じられてしまうのでしょうか?

サイト閲覧中は多くの刺激にさらされています。
突然フェイスブックからメッセージが入ったり、新着メールが気になってなんとなく受信箱をチェックしてみたり、友達や有名人のブログが気になってお気に入りリンクをクリックしたり、Skypeや携帯電話に電話がかかってきたり、家族が帰ってきたり、家族が歌い出したり、家族が話しかけてきたり…

集中して見るサイトはごく少数で、キャッチコピーのうまさだけでは、集中してもらうことができないのです。あなたのページが構想段階から、しっかりつくられたものでないと、他のことを優先してしまいます。

こういった人たちを相手に自社の商品やサービスをインターネットを使ってどう見せればいいのか?
邪魔が入っても引き続き見てもらうには?

もし、あなたがそういったことに興味があるなら
この本「オンライン・コピーライターズ・ハンドブック」
が役に立つでしょう。

(監訳者序文より)

元々コピーライティングは、
新聞や雑誌広告、ダイレクトメールといった
プリントメディアの反応を高めるために
研究されてきた分野である。

実際に世の中にある「文章術」の本や教材は、
その影響を受けて書かれているものだ。

だから、それを元にいわゆる
長いセールスレターを書いて

それをそのまま長い1枚ものの
ウェブサイトにしたとしても、

それはグーグルアドワーズなどのメジャーな
インターネット広告のほとんどに出稿できない。
(ダイレクトメールなら、問題なく出せたとしても)

広告媒体にとっても一般的なユーザーにとっても、
信頼性が低いとみなされるからだ。

そしてこのようなことは、
オフラインとオンラインのコピーの違いの、
ほんの一部に過ぎない。

そして、その「違い」を指南してくれるのが
この本書である。

これは「文章術」よりももっと重要な、
もっとインパクトのあるアドバイスだ。

本書はあなたの視野を広げ、インターネットでの
コピーライティング・ビジネスにおける、
大きな可能性を感じさせてくれるだろう。


目次:

第1部 オンラインコピーの基本

第1章 ネットが、コピーの書き方を変える!?
第2章 購買欲をそそるコピーとは
第3章 コピーを視覚化する

第2部 オンラインコピーライティングの実践
第4章 成約率の高いウェブサイトを制作する
第5章 トップページで訪問者の心をつかむ方法
第6章 ウェブサイト全体を魅力あるものにする
第7章 Eメールによるマーケティング
第8章 結果を出すヘッドラインの書き方
第9章 ニュースレターとメールマガジン活用法
第10章 ウェブドキュメント作成のガイドライン


著者紹介:

ロバート・ブライ(Robert W.Bly)

ダイレクト・レスポンス・マーケティング界の伝説のマーケター、コピーライター。

ロバート・ブライはオンライン、ダイレクトレスポンス、B2Bマーケティングを専門としているフリーランスのコピーライター。フリーランスのコピーライティングの収入だけで毎年70万ドル以上あり、30代で億万長者になった。彼はまた、たった1ヶ月に数時間働くだけで年間20万ドルを稼ぐインターネットマーケティングのプロでもあり、70冊以上の本の著者でもある。

コピーライターとしてのキャリアは四半世紀以上あり、Sony、IBM、AT&T、フィリップス、アゴラ(年商500億円規模のダイレクトレスポンスの企業)など、100社以上のクライアントにコピーを書いてきた。彼のコピーは、ダイレクトマーケティング協会、ウェブマーケティング協会、情報産業協会、などをはじめとする団体から、数々の賞を受賞している。また、ニューヨーク大学でライティングを教える講師でもあり、CNBCやアドバタイジングショーなどたくさんのTVやラジオにゲスト出演し、ロサンゼルス・タイムズ紙、ニューヨーク・ポスト紙、ナショナル・エンクワイアラー紙などの有名なメディアでも特集されてきた。今、アメリカで最も実力のあるコピーライターの一人。

【抜粋】売り込み臭を消して、見込み客を買う気にさせる広告を書きましょう。キャッチコピーの作り方の勉強も大事ですが、それも含めたより大きな概念であるコピーライティングについて学ぶことが一番です。更にマーケティン... 【本文】

*全額返金保証付き*インターネットに特化した広告文章の作り方の本質を紹介する裏ルートの秘密の書籍を読み込まないと、インターネットで効果のあるキャッチコピーを作ることはできません。本当に自分の文章で商品を売りたいのならば、サイトの構造や位置づけも含めて、全体を考えた上で広告文章を作る必要があるのです。オンラインとオフラインの見込み客の行動の違いを理解しないと、キャッチコピーの作り方ノウハウは逆効果になることが多いのです。

下記の内容は、リンク先から転載していますので、最新の情報は上記のリンクからご覧下さい。

(キャッチコピーの作り方も学べる書籍紹介文?)
なぜ、あるキャッチコピーの作り方をしっかり学んで作ったサイトなのに3秒で閉じられてしまうのでしょうか?

サイト閲覧中は多くの刺激にさらされています。
突然フェイスブックからメッセージが入ったり、新着メールが気になってなんとなく受信箱をチェックしてみたり、友達や有名人のブログが気になってお気に入りリンクをクリックしたり、Skypeや携帯電話に電話がかかってきたり、家族が帰ってきたり、家族が歌い出したり、家族が話しかけてきたり…

集中して見るサイトはごく少数で、キャッチコピーのうまさだけでは、集中してもらうことができないのです。あなたのページが構想段階から、しっかりつくられたものでないと、他のことを優先してしまいます。

こういった人たちを相手に自社の商品やサービスをインターネットを使ってどう見せればいいのか?
邪魔が入っても引き続き見てもらうには?

もし、あなたがそういったことに興味があるなら
この本「オンライン・コピーライターズ・ハンドブック」
が役に立つでしょう。

(監訳者序文より)

元々コピーライティングは、
新聞や雑誌広告、ダイレクトメールといった
プリントメディアの反応を高めるために
研究されてきた分野である。

実際に世の中にある「文章術」の本や教材は、
その影響を受けて書かれているものだ。

だから、それを元にいわゆる
長いセールスレターを書いて

それをそのまま長い1枚ものの
ウェブサイトにしたとしても、

それはグーグルアドワーズなどのメジャーな
インターネット広告のほとんどに出稿できない。
(ダイレクトメールなら、問題なく出せたとしても)

広告媒体にとっても一般的なユーザーにとっても、
信頼性が低いとみなされるからだ。

そしてこのようなことは、
オフラインとオンラインのコピーの違いの、
ほんの一部に過ぎない。

そして、その「違い」を指南してくれるのが
この本書である。

これは「文章術」よりももっと重要な、
もっとインパクトのあるアドバイスだ。

本書はあなたの視野を広げ、インターネットでの
コピーライティング・ビジネスにおける、
大きな可能性を感じさせてくれるだろう。


目次:

第1部 オンラインコピーの基本

第1章 ネットが、コピーの書き方を変える!?
第2章 購買欲をそそるコピーとは
第3章 コピーを視覚化する

第2部 オンラインコピーライティングの実践
第4章 成約率の高いウェブサイトを制作する
第5章 トップページで訪問者の心をつかむ方法
第6章 ウェブサイト全体を魅力あるものにする
第7章 Eメールによるマーケティング
第8章 結果を出すヘッドラインの書き方
第9章 ニュースレターとメールマガジン活用法
第10章 ウェブドキュメント作成のガイドライン


著者紹介:

ロバート・ブライ(Robert W.Bly)

ダイレクト・レスポンス・マーケティング界の伝説のマーケター、コピーライター。

ロバート・ブライはオンライン、ダイレクトレスポンス、B2Bマーケティングを専門としているフリーランスのコピーライター。フリーランスのコピーライティングの収入だけで毎年70万ドル以上あり、30代で億万長者になった。彼はまた、たった1ヶ月に数時間働くだけで年間20万ドルを稼ぐインターネットマーケティングのプロでもあり、70冊以上の本の著者でもある。

コピーライターとしてのキャリアは四半世紀以上あり、Sony、IBM、AT&T、フィリップス、アゴラ(年商500億円規模のダイレクトレスポンスの企業)など、100社以上のクライアントにコピーを書いてきた。彼のコピーは、ダイレクトマーケティング協会、ウェブマーケティング協会、情報産業協会、などをはじめとする団体から、数々の賞を受賞している。また、ニューヨーク大学でライティングを教える講師でもあり、CNBCやアドバタイジングショーなどたくさんのTVやラジオにゲスト出演し、ロサンゼルス・タイムズ紙、ニューヨーク・ポスト紙、ナショナル・エンクワイアラー紙などの有名なメディアでも特集されてきた。今、アメリカで最も実力のあるコピーライターの一人。

【抜粋】SEOで集客してキャッチコピーの作り方を生かしたタイトルで注意を引いて、すぐに広告に飛ばすというビジネスモデルが流行っています。手軽に始められて、それなりに稼げるので多くの人がやっているようですね。た... 【本文】

*全額返金保証付き*インターネットに特化した広告文章の作り方の本質を紹介する裏ルートの秘密の書籍を読み込まないと、インターネットで効果のあるキャッチコピーを作ることはできません。本当に自分の文章で商品を売りたいのならば、サイトの構造や位置づけも含めて、全体を考えた上で広告文章を作る必要があるのです。オンラインとオフラインの見込み客の行動の違いを理解しないと、キャッチコピーの作り方ノウハウは逆効果になることが多いのです。

下記の内容は、リンク先から転載していますので、最新の情報は上記のリンクからご覧下さい。

(キャッチコピーの作り方も学べる書籍紹介文?)
なぜ、あるキャッチコピーの作り方をしっかり学んで作ったサイトなのに3秒で閉じられてしまうのでしょうか?

サイト閲覧中は多くの刺激にさらされています。
突然フェイスブックからメッセージが入ったり、新着メールが気になってなんとなく受信箱をチェックしてみたり、友達や有名人のブログが気になってお気に入りリンクをクリックしたり、Skypeや携帯電話に電話がかかってきたり、家族が帰ってきたり、家族が歌い出したり、家族が話しかけてきたり…

集中して見るサイトはごく少数で、キャッチコピーのうまさだけでは、集中してもらうことができないのです。あなたのページが構想段階から、しっかりつくられたものでないと、他のことを優先してしまいます。

こういった人たちを相手に自社の商品やサービスをインターネットを使ってどう見せればいいのか?
邪魔が入っても引き続き見てもらうには?

もし、あなたがそういったことに興味があるなら
この本「オンライン・コピーライターズ・ハンドブック」
が役に立つでしょう。

(監訳者序文より)

元々コピーライティングは、
新聞や雑誌広告、ダイレクトメールといった
プリントメディアの反応を高めるために
研究されてきた分野である。

実際に世の中にある「文章術」の本や教材は、
その影響を受けて書かれているものだ。

だから、それを元にいわゆる
長いセールスレターを書いて

それをそのまま長い1枚ものの
ウェブサイトにしたとしても、

それはグーグルアドワーズなどのメジャーな
インターネット広告のほとんどに出稿できない。
(ダイレクトメールなら、問題なく出せたとしても)

広告媒体にとっても一般的なユーザーにとっても、
信頼性が低いとみなされるからだ。

そしてこのようなことは、
オフラインとオンラインのコピーの違いの、
ほんの一部に過ぎない。

そして、その「違い」を指南してくれるのが
この本書である。

これは「文章術」よりももっと重要な、
もっとインパクトのあるアドバイスだ。

本書はあなたの視野を広げ、インターネットでの
コピーライティング・ビジネスにおける、
大きな可能性を感じさせてくれるだろう。


目次:

第1部 オンラインコピーの基本

第1章 ネットが、コピーの書き方を変える!?
第2章 購買欲をそそるコピーとは
第3章 コピーを視覚化する

第2部 オンラインコピーライティングの実践
第4章 成約率の高いウェブサイトを制作する
第5章 トップページで訪問者の心をつかむ方法
第6章 ウェブサイト全体を魅力あるものにする
第7章 Eメールによるマーケティング
第8章 結果を出すヘッドラインの書き方
第9章 ニュースレターとメールマガジン活用法
第10章 ウェブドキュメント作成のガイドライン


著者紹介:

ロバート・ブライ(Robert W.Bly)

ダイレクト・レスポンス・マーケティング界の伝説のマーケター、コピーライター。

ロバート・ブライはオンライン、ダイレクトレスポンス、B2Bマーケティングを専門としているフリーランスのコピーライター。フリーランスのコピーライティングの収入だけで毎年70万ドル以上あり、30代で億万長者になった。彼はまた、たった1ヶ月に数時間働くだけで年間20万ドルを稼ぐインターネットマーケティングのプロでもあり、70冊以上の本の著者でもある。

コピーライターとしてのキャリアは四半世紀以上あり、Sony、IBM、AT&T、フィリップス、アゴラ(年商500億円規模のダイレクトレスポンスの企業)など、100社以上のクライアントにコピーを書いてきた。彼のコピーは、ダイレクトマーケティング協会、ウェブマーケティング協会、情報産業協会、などをはじめとする団体から、数々の賞を受賞している。また、ニューヨーク大学でライティングを教える講師でもあり、CNBCやアドバタイジングショーなどたくさんのTVやラジオにゲスト出演し、ロサンゼルス・タイムズ紙、ニューヨーク・ポスト紙、ナショナル・エンクワイアラー紙などの有名なメディアでも特集されてきた。今、アメリカで最も実力のあるコピーライターの一人。

【抜粋】正しい広告キャッチコピーの作り方を実践するならば、広告全体の内容と商品などを含めたビジネス全体をしっかり見ることが欠かせません。一般的なキャッチコピーの作り方の知識だけで作ると、見込み客にとっては「よ... 【本文】

*全額返金保証付き*インターネットに特化した広告文章の作り方の本質を紹介する裏ルートの秘密の書籍を読み込まないと、インターネットで効果のあるキャッチコピーを作ることはできません。本当に自分の文章で商品を売りたいのならば、サイトの構造や位置づけも含めて、全体を考えた上で広告文章を作る必要があるのです。オンラインとオフラインの見込み客の行動の違いを理解しないと、キャッチコピーの作り方ノウハウは逆効果になることが多いのです。

下記の内容は、リンク先から転載していますので、最新の情報は上記のリンクからご覧下さい。

(キャッチコピーの作り方も学べる書籍紹介文?)
なぜ、あるキャッチコピーの作り方をしっかり学んで作ったサイトなのに3秒で閉じられてしまうのでしょうか?

サイト閲覧中は多くの刺激にさらされています。
突然フェイスブックからメッセージが入ったり、新着メールが気になってなんとなく受信箱をチェックしてみたり、友達や有名人のブログが気になってお気に入りリンクをクリックしたり、Skypeや携帯電話に電話がかかってきたり、家族が帰ってきたり、家族が歌い出したり、家族が話しかけてきたり…

集中して見るサイトはごく少数で、キャッチコピーのうまさだけでは、集中してもらうことができないのです。あなたのページが構想段階から、しっかりつくられたものでないと、他のことを優先してしまいます。

こういった人たちを相手に自社の商品やサービスをインターネットを使ってどう見せればいいのか?
邪魔が入っても引き続き見てもらうには?

もし、あなたがそういったことに興味があるなら
この本「オンライン・コピーライターズ・ハンドブック」
が役に立つでしょう。

(監訳者序文より)

元々コピーライティングは、
新聞や雑誌広告、ダイレクトメールといった
プリントメディアの反応を高めるために
研究されてきた分野である。

実際に世の中にある「文章術」の本や教材は、
その影響を受けて書かれているものだ。

だから、それを元にいわゆる
長いセールスレターを書いて

それをそのまま長い1枚ものの
ウェブサイトにしたとしても、

それはグーグルアドワーズなどのメジャーな
インターネット広告のほとんどに出稿できない。
(ダイレクトメールなら、問題なく出せたとしても)

広告媒体にとっても一般的なユーザーにとっても、
信頼性が低いとみなされるからだ。

そしてこのようなことは、
オフラインとオンラインのコピーの違いの、
ほんの一部に過ぎない。

そして、その「違い」を指南してくれるのが
この本書である。

これは「文章術」よりももっと重要な、
もっとインパクトのあるアドバイスだ。

本書はあなたの視野を広げ、インターネットでの
コピーライティング・ビジネスにおける、
大きな可能性を感じさせてくれるだろう。


目次:

第1部 オンラインコピーの基本

第1章 ネットが、コピーの書き方を変える!?
第2章 購買欲をそそるコピーとは
第3章 コピーを視覚化する

第2部 オンラインコピーライティングの実践
第4章 成約率の高いウェブサイトを制作する
第5章 トップページで訪問者の心をつかむ方法
第6章 ウェブサイト全体を魅力あるものにする
第7章 Eメールによるマーケティング
第8章 結果を出すヘッドラインの書き方
第9章 ニュースレターとメールマガジン活用法
第10章 ウェブドキュメント作成のガイドライン


著者紹介:

ロバート・ブライ(Robert W.Bly)

ダイレクト・レスポンス・マーケティング界の伝説のマーケター、コピーライター。

ロバート・ブライはオンライン、ダイレクトレスポンス、B2Bマーケティングを専門としているフリーランスのコピーライター。フリーランスのコピーライティングの収入だけで毎年70万ドル以上あり、30代で億万長者になった。彼はまた、たった1ヶ月に数時間働くだけで年間20万ドルを稼ぐインターネットマーケティングのプロでもあり、70冊以上の本の著者でもある。

コピーライターとしてのキャリアは四半世紀以上あり、Sony、IBM、AT&T、フィリップス、アゴラ(年商500億円規模のダイレクトレスポンスの企業)など、100社以上のクライアントにコピーを書いてきた。彼のコピーは、ダイレクトマーケティング協会、ウェブマーケティング協会、情報産業協会、などをはじめとする団体から、数々の賞を受賞している。また、ニューヨーク大学でライティングを教える講師でもあり、CNBCやアドバタイジングショーなどたくさんのTVやラジオにゲスト出演し、ロサンゼルス・タイムズ紙、ニューヨーク・ポスト紙、ナショナル・エンクワイアラー紙などの有名なメディアでも特集されてきた。今、アメリカで最も実力のあるコピーライターの一人。

【抜粋】広告のキャッチコピーを作る際に重要なポイントは「衝撃の事実」「面白さ」「役立ち度」です。「衝撃の事実」は、業界人にとって普通のことでも見込み客にとって衝撃の事実であれば良いと考えてください。「面白さ」... 【本文】

*全額返金保証付き*インターネットに特化した広告文章の作り方の本質を紹介する裏ルートの秘密の書籍を読み込まないと、インターネットで効果のあるキャッチコピーを作ることはできません。本当に自分の文章で商品を売りたいのならば、サイトの構造や位置づけも含めて、全体を考えた上で広告文章を作る必要があるのです。オンラインとオフラインの見込み客の行動の違いを理解しないと、キャッチコピーの作り方ノウハウは逆効果になることが多いのです。

下記の内容は、リンク先から転載していますので、最新の情報は上記のリンクからご覧下さい。

(キャッチコピーの作り方も学べる書籍紹介文?)
なぜ、あるキャッチコピーの作り方をしっかり学んで作ったサイトなのに3秒で閉じられてしまうのでしょうか?

サイト閲覧中は多くの刺激にさらされています。
突然フェイスブックからメッセージが入ったり、新着メールが気になってなんとなく受信箱をチェックしてみたり、友達や有名人のブログが気になってお気に入りリンクをクリックしたり、Skypeや携帯電話に電話がかかってきたり、家族が帰ってきたり、家族が歌い出したり、家族が話しかけてきたり…

集中して見るサイトはごく少数で、キャッチコピーのうまさだけでは、集中してもらうことができないのです。あなたのページが構想段階から、しっかりつくられたものでないと、他のことを優先してしまいます。

こういった人たちを相手に自社の商品やサービスをインターネットを使ってどう見せればいいのか?
邪魔が入っても引き続き見てもらうには?

もし、あなたがそういったことに興味があるなら
この本「オンライン・コピーライターズ・ハンドブック」
が役に立つでしょう。

(監訳者序文より)

元々コピーライティングは、
新聞や雑誌広告、ダイレクトメールといった
プリントメディアの反応を高めるために
研究されてきた分野である。

実際に世の中にある「文章術」の本や教材は、
その影響を受けて書かれているものだ。

だから、それを元にいわゆる
長いセールスレターを書いて

それをそのまま長い1枚ものの
ウェブサイトにしたとしても、

それはグーグルアドワーズなどのメジャーな
インターネット広告のほとんどに出稿できない。
(ダイレクトメールなら、問題なく出せたとしても)

広告媒体にとっても一般的なユーザーにとっても、
信頼性が低いとみなされるからだ。

そしてこのようなことは、
オフラインとオンラインのコピーの違いの、
ほんの一部に過ぎない。

そして、その「違い」を指南してくれるのが
この本書である。

これは「文章術」よりももっと重要な、
もっとインパクトのあるアドバイスだ。

本書はあなたの視野を広げ、インターネットでの
コピーライティング・ビジネスにおける、
大きな可能性を感じさせてくれるだろう。


目次:

第1部 オンラインコピーの基本

第1章 ネットが、コピーの書き方を変える!?
第2章 購買欲をそそるコピーとは
第3章 コピーを視覚化する

第2部 オンラインコピーライティングの実践
第4章 成約率の高いウェブサイトを制作する
第5章 トップページで訪問者の心をつかむ方法
第6章 ウェブサイト全体を魅力あるものにする
第7章 Eメールによるマーケティング
第8章 結果を出すヘッドラインの書き方
第9章 ニュースレターとメールマガジン活用法
第10章 ウェブドキュメント作成のガイドライン


著者紹介:

ロバート・ブライ(Robert W.Bly)

ダイレクト・レスポンス・マーケティング界の伝説のマーケター、コピーライター。

ロバート・ブライはオンライン、ダイレクトレスポンス、B2Bマーケティングを専門としているフリーランスのコピーライター。フリーランスのコピーライティングの収入だけで毎年70万ドル以上あり、30代で億万長者になった。彼はまた、たった1ヶ月に数時間働くだけで年間20万ドルを稼ぐインターネットマーケティングのプロでもあり、70冊以上の本の著者でもある。

コピーライターとしてのキャリアは四半世紀以上あり、Sony、IBM、AT&T、フィリップス、アゴラ(年商500億円規模のダイレクトレスポンスの企業)など、100社以上のクライアントにコピーを書いてきた。彼のコピーは、ダイレクトマーケティング協会、ウェブマーケティング協会、情報産業協会、などをはじめとする団体から、数々の賞を受賞している。また、ニューヨーク大学でライティングを教える講師でもあり、CNBCやアドバタイジングショーなどたくさんのTVやラジオにゲスト出演し、ロサンゼルス・タイムズ紙、ニューヨーク・ポスト紙、ナショナル・エンクワイアラー紙などの有名なメディアでも特集されてきた。今、アメリカで最も実力のあるコピーライターの一人。

【抜粋】当ブログにご訪問いただいている方が関心を持っているキーワードをランキングにしてみました。数値は左から順番に、「キーワードの検索数」「そのキーワードで検索した方がご覧になる平均のページ数」「そのキーワー... 【本文】

*全額返金保証付き*インターネットに特化した広告文章の作り方の本質を紹介する裏ルートの秘密の書籍を読み込まないと、インターネットで効果のあるキャッチコピーを作ることはできません。本当に自分の文章で商品を売りたいのならば、サイトの構造や位置づけも含めて、全体を考えた上で広告文章を作る必要があるのです。オンラインとオフラインの見込み客の行動の違いを理解しないと、キャッチコピーの作り方ノウハウは逆効果になることが多いのです。

下記の内容は、リンク先から転載していますので、最新の情報は上記のリンクからご覧下さい。

(キャッチコピーの作り方も学べる書籍紹介文?)
なぜ、あるキャッチコピーの作り方をしっかり学んで作ったサイトなのに3秒で閉じられてしまうのでしょうか?

サイト閲覧中は多くの刺激にさらされています。
突然フェイスブックからメッセージが入ったり、新着メールが気になってなんとなく受信箱をチェックしてみたり、友達や有名人のブログが気になってお気に入りリンクをクリックしたり、Skypeや携帯電話に電話がかかってきたり、家族が帰ってきたり、家族が歌い出したり、家族が話しかけてきたり…

集中して見るサイトはごく少数で、キャッチコピーのうまさだけでは、集中してもらうことができないのです。あなたのページが構想段階から、しっかりつくられたものでないと、他のことを優先してしまいます。

こういった人たちを相手に自社の商品やサービスをインターネットを使ってどう見せればいいのか?
邪魔が入っても引き続き見てもらうには?

もし、あなたがそういったことに興味があるなら
この本「オンライン・コピーライターズ・ハンドブック」
が役に立つでしょう。

(監訳者序文より)

元々コピーライティングは、
新聞や雑誌広告、ダイレクトメールといった
プリントメディアの反応を高めるために
研究されてきた分野である。

実際に世の中にある「文章術」の本や教材は、
その影響を受けて書かれているものだ。

だから、それを元にいわゆる
長いセールスレターを書いて

それをそのまま長い1枚ものの
ウェブサイトにしたとしても、

それはグーグルアドワーズなどのメジャーな
インターネット広告のほとんどに出稿できない。
(ダイレクトメールなら、問題なく出せたとしても)

広告媒体にとっても一般的なユーザーにとっても、
信頼性が低いとみなされるからだ。

そしてこのようなことは、
オフラインとオンラインのコピーの違いの、
ほんの一部に過ぎない。

そして、その「違い」を指南してくれるのが
この本書である。

これは「文章術」よりももっと重要な、
もっとインパクトのあるアドバイスだ。

本書はあなたの視野を広げ、インターネットでの
コピーライティング・ビジネスにおける、
大きな可能性を感じさせてくれるだろう。


目次:

第1部 オンラインコピーの基本

第1章 ネットが、コピーの書き方を変える!?
第2章 購買欲をそそるコピーとは
第3章 コピーを視覚化する

第2部 オンラインコピーライティングの実践
第4章 成約率の高いウェブサイトを制作する
第5章 トップページで訪問者の心をつかむ方法
第6章 ウェブサイト全体を魅力あるものにする
第7章 Eメールによるマーケティング
第8章 結果を出すヘッドラインの書き方
第9章 ニュースレターとメールマガジン活用法
第10章 ウェブドキュメント作成のガイドライン


著者紹介:

ロバート・ブライ(Robert W.Bly)

ダイレクト・レスポンス・マーケティング界の伝説のマーケター、コピーライター。

ロバート・ブライはオンライン、ダイレクトレスポンス、B2Bマーケティングを専門としているフリーランスのコピーライター。フリーランスのコピーライティングの収入だけで毎年70万ドル以上あり、30代で億万長者になった。彼はまた、たった1ヶ月に数時間働くだけで年間20万ドルを稼ぐインターネットマーケティングのプロでもあり、70冊以上の本の著者でもある。

コピーライターとしてのキャリアは四半世紀以上あり、Sony、IBM、AT&T、フィリップス、アゴラ(年商500億円規模のダイレクトレスポンスの企業)など、100社以上のクライアントにコピーを書いてきた。彼のコピーは、ダイレクトマーケティング協会、ウェブマーケティング協会、情報産業協会、などをはじめとする団体から、数々の賞を受賞している。また、ニューヨーク大学でライティングを教える講師でもあり、CNBCやアドバタイジングショーなどたくさんのTVやラジオにゲスト出演し、ロサンゼルス・タイムズ紙、ニューヨーク・ポスト紙、ナショナル・エンクワイアラー紙などの有名なメディアでも特集されてきた。今、アメリカで最も実力のあるコピーライターの一人。

【抜粋】広告のキャッチコピーを作る際に重要なポイントは「衝撃の事実」「面白さ」「役立ち度」です。「衝撃の事実」は、業界人にとってアタリマエのことでも見込み客にとって新鮮であれば良いです。「面白さ」は見込み客に... 【本文】

*全額返金保証付き*インターネットに特化した広告文章の作り方の本質を紹介する裏ルートの秘密の書籍を読み込まないと、インターネットで効果のあるキャッチコピーを作ることはできません。本当に自分の文章で商品を売りたいのならば、サイトの構造や位置づけも含めて、全体を考えた上で広告文章を作る必要があるのです。オンラインとオフラインの見込み客の行動の違いを理解しないと、キャッチコピーの作り方ノウハウは逆効果になることが多いのです。

下記の内容は、リンク先から転載していますので、最新の情報は上記のリンクからご覧下さい。

(キャッチコピーの作り方も学べる書籍紹介文?)
なぜ、あるキャッチコピーの作り方をしっかり学んで作ったサイトなのに3秒で閉じられてしまうのでしょうか?

サイト閲覧中は多くの刺激にさらされています。
突然フェイスブックからメッセージが入ったり、新着メールが気になってなんとなく受信箱をチェックしてみたり、友達や有名人のブログが気になってお気に入りリンクをクリックしたり、Skypeや携帯電話に電話がかかってきたり、家族が帰ってきたり、家族が歌い出したり、家族が話しかけてきたり…

集中して見るサイトはごく少数で、キャッチコピーのうまさだけでは、集中してもらうことができないのです。あなたのページが構想段階から、しっかりつくられたものでないと、他のことを優先してしまいます。

こういった人たちを相手に自社の商品やサービスをインターネットを使ってどう見せればいいのか?
邪魔が入っても引き続き見てもらうには?

もし、あなたがそういったことに興味があるなら
この本「オンライン・コピーライターズ・ハンドブック」
が役に立つでしょう。

(監訳者序文より)

元々コピーライティングは、
新聞や雑誌広告、ダイレクトメールといった
プリントメディアの反応を高めるために
研究されてきた分野である。

実際に世の中にある「文章術」の本や教材は、
その影響を受けて書かれているものだ。

だから、それを元にいわゆる
長いセールスレターを書いて

それをそのまま長い1枚ものの
ウェブサイトにしたとしても、

それはグーグルアドワーズなどのメジャーな
インターネット広告のほとんどに出稿できない。
(ダイレクトメールなら、問題なく出せたとしても)

広告媒体にとっても一般的なユーザーにとっても、
信頼性が低いとみなされるからだ。

そしてこのようなことは、
オフラインとオンラインのコピーの違いの、
ほんの一部に過ぎない。

そして、その「違い」を指南してくれるのが
この本書である。

これは「文章術」よりももっと重要な、
もっとインパクトのあるアドバイスだ。

本書はあなたの視野を広げ、インターネットでの
コピーライティング・ビジネスにおける、
大きな可能性を感じさせてくれるだろう。


目次:

第1部 オンラインコピーの基本

第1章 ネットが、コピーの書き方を変える!?
第2章 購買欲をそそるコピーとは
第3章 コピーを視覚化する

第2部 オンラインコピーライティングの実践
第4章 成約率の高いウェブサイトを制作する
第5章 トップページで訪問者の心をつかむ方法
第6章 ウェブサイト全体を魅力あるものにする
第7章 Eメールによるマーケティング
第8章 結果を出すヘッドラインの書き方
第9章 ニュースレターとメールマガジン活用法
第10章 ウェブドキュメント作成のガイドライン


著者紹介:

ロバート・ブライ(Robert W.Bly)

ダイレクト・レスポンス・マーケティング界の伝説のマーケター、コピーライター。

ロバート・ブライはオンライン、ダイレクトレスポンス、B2Bマーケティングを専門としているフリーランスのコピーライター。フリーランスのコピーライティングの収入だけで毎年70万ドル以上あり、30代で億万長者になった。彼はまた、たった1ヶ月に数時間働くだけで年間20万ドルを稼ぐインターネットマーケティングのプロでもあり、70冊以上の本の著者でもある。

コピーライターとしてのキャリアは四半世紀以上あり、Sony、IBM、AT&T、フィリップス、アゴラ(年商500億円規模のダイレクトレスポンスの企業)など、100社以上のクライアントにコピーを書いてきた。彼のコピーは、ダイレクトマーケティング協会、ウェブマーケティング協会、情報産業協会、などをはじめとする団体から、数々の賞を受賞している。また、ニューヨーク大学でライティングを教える講師でもあり、CNBCやアドバタイジングショーなどたくさんのTVやラジオにゲスト出演し、ロサンゼルス・タイムズ紙、ニューヨーク・ポスト紙、ナショナル・エンクワイアラー紙などの有名なメディアでも特集されてきた。今、アメリカで最も実力のあるコピーライターの一人。

【抜粋】広告のキャッチコピーとして有力なのは「衝撃の事実」「面白さ」「役立ち度」です。業界における重要ニュースが一番わかり易い、「衝撃の事実」ですが、業界人にとってアタリマエのことでも見込み客にとって新鮮であ... 【本文】

*全額返金保証付き*インターネットに特化した広告文章の作り方の本質を紹介する裏ルートの秘密の書籍を読み込まないと、インターネットで効果のあるキャッチコピーを作ることはできません。本当に自分の文章で商品を売りたいのならば、サイトの構造や位置づけも含めて、全体を考えた上で広告文章を作る必要があるのです。オンラインとオフラインの見込み客の行動の違いを理解しないと、キャッチコピーの作り方ノウハウは逆効果になることが多いのです。

下記の内容は、リンク先から転載していますので、最新の情報は上記のリンクからご覧下さい。

(キャッチコピーの作り方も学べる書籍紹介文?)
なぜ、あるキャッチコピーの作り方をしっかり学んで作ったサイトなのに3秒で閉じられてしまうのでしょうか?

サイト閲覧中は多くの刺激にさらされています。
突然フェイスブックからメッセージが入ったり、新着メールが気になってなんとなく受信箱をチェックしてみたり、友達や有名人のブログが気になってお気に入りリンクをクリックしたり、Skypeや携帯電話に電話がかかってきたり、家族が帰ってきたり、家族が歌い出したり、家族が話しかけてきたり…

集中して見るサイトはごく少数で、キャッチコピーのうまさだけでは、集中してもらうことができないのです。あなたのページが構想段階から、しっかりつくられたものでないと、他のことを優先してしまいます。

こういった人たちを相手に自社の商品やサービスをインターネットを使ってどう見せればいいのか?
邪魔が入っても引き続き見てもらうには?

もし、あなたがそういったことに興味があるなら
この本「オンライン・コピーライターズ・ハンドブック」
が役に立つでしょう。

(監訳者序文より)

元々コピーライティングは、
新聞や雑誌広告、ダイレクトメールといった
プリントメディアの反応を高めるために
研究されてきた分野である。

実際に世の中にある「文章術」の本や教材は、
その影響を受けて書かれているものだ。

だから、それを元にいわゆる
長いセールスレターを書いて

それをそのまま長い1枚ものの
ウェブサイトにしたとしても、

それはグーグルアドワーズなどのメジャーな
インターネット広告のほとんどに出稿できない。
(ダイレクトメールなら、問題なく出せたとしても)

広告媒体にとっても一般的なユーザーにとっても、
信頼性が低いとみなされるからだ。

そしてこのようなことは、
オフラインとオンラインのコピーの違いの、
ほんの一部に過ぎない。

そして、その「違い」を指南してくれるのが
この本書である。

これは「文章術」よりももっと重要な、
もっとインパクトのあるアドバイスだ。

本書はあなたの視野を広げ、インターネットでの
コピーライティング・ビジネスにおける、
大きな可能性を感じさせてくれるだろう。


目次:

第1部 オンラインコピーの基本

第1章 ネットが、コピーの書き方を変える!?
第2章 購買欲をそそるコピーとは
第3章 コピーを視覚化する

第2部 オンラインコピーライティングの実践
第4章 成約率の高いウェブサイトを制作する
第5章 トップページで訪問者の心をつかむ方法
第6章 ウェブサイト全体を魅力あるものにする
第7章 Eメールによるマーケティング
第8章 結果を出すヘッドラインの書き方
第9章 ニュースレターとメールマガジン活用法
第10章 ウェブドキュメント作成のガイドライン


著者紹介:

ロバート・ブライ(Robert W.Bly)

ダイレクト・レスポンス・マーケティング界の伝説のマーケター、コピーライター。

ロバート・ブライはオンライン、ダイレクトレスポンス、B2Bマーケティングを専門としているフリーランスのコピーライター。フリーランスのコピーライティングの収入だけで毎年70万ドル以上あり、30代で億万長者になった。彼はまた、たった1ヶ月に数時間働くだけで年間20万ドルを稼ぐインターネットマーケティングのプロでもあり、70冊以上の本の著者でもある。

コピーライターとしてのキャリアは四半世紀以上あり、Sony、IBM、AT&T、フィリップス、アゴラ(年商500億円規模のダイレクトレスポンスの企業)など、100社以上のクライアントにコピーを書いてきた。彼のコピーは、ダイレクトマーケティング協会、ウェブマーケティング協会、情報産業協会、などをはじめとする団体から、数々の賞を受賞している。また、ニューヨーク大学でライティングを教える講師でもあり、CNBCやアドバタイジングショーなどたくさんのTVやラジオにゲスト出演し、ロサンゼルス・タイムズ紙、ニューヨーク・ポスト紙、ナショナル・エンクワイアラー紙などの有名なメディアでも特集されてきた。今、アメリカで最も実力のあるコピーライターの一人。

【抜粋】「当ブログでは、第三者(グーグル株式会社)配信による広告サービスを 利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品や サービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへの アクセスに関... 【本文】

*全額返金保証付き*インターネットに特化した広告文章の作り方の本質を紹介する裏ルートの秘密の書籍を読み込まないと、インターネットで効果のあるキャッチコピーを作ることはできません。本当に自分の文章で商品を売りたいのならば、サイトの構造や位置づけも含めて、全体を考えた上で広告文章を作る必要があるのです。オンラインとオフラインの見込み客の行動の違いを理解しないと、キャッチコピーの作り方ノウハウは逆効果になることが多いのです。

下記の内容は、リンク先から転載していますので、最新の情報は上記のリンクからご覧下さい。

(キャッチコピーの作り方も学べる書籍紹介文?)
なぜ、あるキャッチコピーの作り方をしっかり学んで作ったサイトなのに3秒で閉じられてしまうのでしょうか?

サイト閲覧中は多くの刺激にさらされています。
突然フェイスブックからメッセージが入ったり、新着メールが気になってなんとなく受信箱をチェックしてみたり、友達や有名人のブログが気になってお気に入りリンクをクリックしたり、Skypeや携帯電話に電話がかかってきたり、家族が帰ってきたり、家族が歌い出したり、家族が話しかけてきたり…

集中して見るサイトはごく少数で、キャッチコピーのうまさだけでは、集中してもらうことができないのです。あなたのページが構想段階から、しっかりつくられたものでないと、他のことを優先してしまいます。

こういった人たちを相手に自社の商品やサービスをインターネットを使ってどう見せればいいのか?
邪魔が入っても引き続き見てもらうには?

もし、あなたがそういったことに興味があるなら
この本「オンライン・コピーライターズ・ハンドブック」
が役に立つでしょう。

(監訳者序文より)

元々コピーライティングは、
新聞や雑誌広告、ダイレクトメールといった
プリントメディアの反応を高めるために
研究されてきた分野である。

実際に世の中にある「文章術」の本や教材は、
その影響を受けて書かれているものだ。

だから、それを元にいわゆる
長いセールスレターを書いて

それをそのまま長い1枚ものの
ウェブサイトにしたとしても、

それはグーグルアドワーズなどのメジャーな
インターネット広告のほとんどに出稿できない。
(ダイレクトメールなら、問題なく出せたとしても)

広告媒体にとっても一般的なユーザーにとっても、
信頼性が低いとみなされるからだ。

そしてこのようなことは、
オフラインとオンラインのコピーの違いの、
ほんの一部に過ぎない。

そして、その「違い」を指南してくれるのが
この本書である。

これは「文章術」よりももっと重要な、
もっとインパクトのあるアドバイスだ。

本書はあなたの視野を広げ、インターネットでの
コピーライティング・ビジネスにおける、
大きな可能性を感じさせてくれるだろう。


目次:

第1部 オンラインコピーの基本

第1章 ネットが、コピーの書き方を変える!?
第2章 購買欲をそそるコピーとは
第3章 コピーを視覚化する

第2部 オンラインコピーライティングの実践
第4章 成約率の高いウェブサイトを制作する
第5章 トップページで訪問者の心をつかむ方法
第6章 ウェブサイト全体を魅力あるものにする
第7章 Eメールによるマーケティング
第8章 結果を出すヘッドラインの書き方
第9章 ニュースレターとメールマガジン活用法
第10章 ウェブドキュメント作成のガイドライン


著者紹介:

ロバート・ブライ(Robert W.Bly)

ダイレクト・レスポンス・マーケティング界の伝説のマーケター、コピーライター。

ロバート・ブライはオンライン、ダイレクトレスポンス、B2Bマーケティングを専門としているフリーランスのコピーライター。フリーランスのコピーライティングの収入だけで毎年70万ドル以上あり、30代で億万長者になった。彼はまた、たった1ヶ月に数時間働くだけで年間20万ドルを稼ぐインターネットマーケティングのプロでもあり、70冊以上の本の著者でもある。

コピーライターとしてのキャリアは四半世紀以上あり、Sony、IBM、AT&T、フィリップス、アゴラ(年商500億円規模のダイレクトレスポンスの企業)など、100社以上のクライアントにコピーを書いてきた。彼のコピーは、ダイレクトマーケティング協会、ウェブマーケティング協会、情報産業協会、などをはじめとする団体から、数々の賞を受賞している。また、ニューヨーク大学でライティングを教える講師でもあり、CNBCやアドバタイジングショーなどたくさんのTVやラジオにゲスト出演し、ロサンゼルス・タイムズ紙、ニューヨーク・ポスト紙、ナショナル・エンクワイアラー紙などの有名なメディアでも特集されてきた。今、アメリカで最も実力のあるコピーライターの一人。


『小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例』のサイトトップへ
まずは最新記事をチェック↓
  • *全額返金保証付き*が中身の信頼の一番の証です。
    *全額返金保証付き*インターネットに特化した広告文章の作り方の本質を紹介する裏ルートの秘密の書籍を読み込まないと、インターネットで効果のあるキャッチコピーを作ることはできません。本当に自分の文章で商品...
カテゴリーから探す
最近の記事から探す
  • キャッチコピーの作り方で気軽に稼ぐ人たち
    SEOで集客してキャッチコピーの作り方を生かしたタイトルで注意を引いて、すぐに広告に飛ばすというビジネスモデルが流行っています。手軽に始められて、それなりに稼げるので多くの人がやっているようですね。た...
  • ライバルの広告キャッチコピーに気をつけよう
    正しい広告キャッチコピーの作り方を実践するならば、広告全体の内容と商品などを含めたビジネス全体をしっかり見ることが欠かせません。一般的なキャッチコピーの作り方の知識だけで作ると、見込み客にとっては「よ...
  • 広告キャッチコピーの作り方の三銃士
    広告のキャッチコピーを作る際に重要なポイントは「衝撃の事実」「面白さ」「役立ち度」です。「衝撃の事実」は、業界人にとって普通のことでも見込み客にとって衝撃の事実であれば良いと考えてください。「面白さ」...
  • 狙い通りの検索キーワードランキングです。
    当ブログにご訪問いただいている方が関心を持っているキーワードをランキングにしてみました。数値は左から順番に、「キーワードの検索数」「そのキーワードで検索した方がご覧になる平均のページ数」「そのキーワー...
『キャッチコピーの作り方』関連サイト
特選リンク集