小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例

小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例


スポンサードリンク

小企業の広告文の書き方をキャッチコピーの作り方を中心にお教えします。具体例もすこしずつ掲載していきますので、是非参考にしてください。

« 2012年03月 | 『キャッチコピーの作り方』2012年10月 »

『キャッチコピーの作り方』の最新記事【2012年07月】

【抜粋】日本の小企業には、キャッチコピーの作り方を覚えて活躍して欲しいです。そういった強い思いも持ってブログを書いています。ブログを運営していると、日常のすべてがキャッチコピーのヒントになることに気づきます。... 【本文】

日本の小企業には、キャッチコピーの作り方を覚えて活躍して欲しいです。そういった強い思いも持ってブログを書いています。ブログを運営していると、日常のすべてがキャッチコピーのヒントになることに気づきます。日常生活を普通に送っている人を、自分の方向に誘導するメッセージなので、見込み客の日常生活をよく理解することが大切です。

「見込み客が日常生活で何を考えているのか」「見込み客があなたの商品に関連して持っている知識や思い込みの程度はどれほどか」のような基本原則に基づいて見込み客のことを理解しましょう。より具体的に細かく理解すればするほどあなたのキャッチコピーの質は高まります。上記のようなテーマに従ったリサーチを続けていると、あなたの見込み客にあったキャッチコピーの作り方を習得することができます。

電車やコンビニなどあらゆるところにキャッチコピーがあります。あなたの郵便ポストにあるDMにもキャッチコピーがいっぱいです。キャッチコピーのことを意識しなくても、注意を引くために文字を使うことは間違いありません。気になる表現だったり、社名だけだったり、サービスそのままだったり、様々です。


『小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例』のサイトトップへ
まずは最新記事をチェック↓
  • 日常生活をキャッチコピーの作り方の研究に活かそう
    日本の小企業には、キャッチコピーの作り方を覚えて活躍して欲しいです。そういった強い思いも持ってブログを書いています。ブログを運営していると、日常のすべてがキャッチコピーのヒントになることに気づきます。...
カテゴリーから探す
最近の記事から探す
『キャッチコピーの作り方』関連サイト
特選リンク集