小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例

『小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例』サイトトップ
 >  7.広告キャッチコピー作成における注意点

7.広告キャッチコピー作成における注意点

カテゴリー説明文:警告!広告キャッチコピー作成における注意点をいくつか述べておきます。


スポンサードリンク
『7.広告キャッチコピー作成における注意点』カテゴリー内の記事一覧

ライバルの広告キャッチコピーに気をつけよう


正しい広告キャッチコピーの作り方を実践するならば、広告全体の内容と商品などを含めたビジネス全体をしっかり見ることが欠かせません。一般的なキャッチコピーの作り方の知識だけで作ると、見込み客にとっては「よ...

嘘とごまかしで詐欺から守る


キャッチコピーとして有力なのは「衝撃の事実」です。業界における重要ニュースを伝えられれば、「衝撃の事実」を伝えたことになります。キャッチコピーですから、衝撃の事実といえる最新の重要ニュースから特に衝撃...

面白さと役立ち度を真似る


伝えたい言葉を伝えるだけでキャッチコピーになってしまう天才にとってはキャッチコピーの作り方を考える必要などないでしょう。特に、専業のコピーライターになるのでなければ、勘だけでやっていてもうまくいきます...

アンチキャッチコピー


キャッチコピーの作り方に関してもっと掘り下げるために、今回はアンチキャッチコピーの立場の記事を書いてみたいと思います。といっても、キャッチコピーの重要性は非常に高いのでアンチの立場を取るのは難しいです...

短期的な成果にとらわれない


クライアントから具体的な指示がなくキャッチコピーを作る依頼を受けたときは、短期的にみてうまくいきそうな作り方をします。そのほうが高く評価されることがわかっているからです。それで実際に結果が出れば、クラ...

キャッチコピーの作り方を学ぶ意味とは?


一番大切な顧客に絞り込んだキャッチコピーの作り方を学ぶと、 宣伝する商品がよく売れるだけでなく、社会全体を見た場合に も最適なマッチングが行われることになります。 馬鹿な人にたくさん売れる詐欺的なキャ...

詐欺的なキャッチコピーの作り方とあなたの商品


メインの顧客層に絞り込んだキャッチコピーの作り方を学ぶと、 広告した商品がよく売れるだけでなく、社会全体を見た場合に 最適なマッチングが行われることになります。 馬鹿な人にたくさん売れる詐欺的なキャッ...

「ご注文の方以上でよろしかったですか?」 はなぜ過去形なのか?


「ご注文の方以上でよろしかったですか?」 はなぜ過去形なのか? 意味的に考えると「ご注文の方以上でよろしいですか?」の方が 自然なのですが、この言い方をすると、その質問を受けた時点では 注文内容をすべ...

キャッチコピーの作り方と薄っぺらな中身


キャッチコピーの作り方と薄っぺらな中身 優れたキャッチコピーの中にもたくさん種類が ありますが、一番目立つのは 「大衆を煽りたてることに成功した」 キャッチコピーです。 キャッチコピーの作り方を真剣に...

キャッチコピーの役割。好奇心と力。


キャッチコピー広告には力が必要 キャッチコピー広告には、たまたま目にした人を 全文を読まずにいられなくする力が必要です。 キャッチコピー広告の一番の役割は、次の文章を読ませること。 それ以外のことを考...

キャッチコピーの作り方の無難な失敗


●キャッチコピーの作り方の無難な失敗● 『キャッチコピーの作り方の無難な失敗』に・・・ ★興味がない ↓ で『キャッチコピーの作り方の無難な失敗』 以外の面白い記事を探そう! ★興味がある ↓ キャッ...

キャッチコピーの考え方【危険例】


●キャッチコピーの考え方【危険例】● 『キャッチコピーの考え方【危険例】』に・・・ ★興味がない ↓ で『キャッチコピーの考え方【危険例】』 以外の面白い記事を探そう! ★興味がある ↓ キャッチコピ...


スポンサードリンク
『7.広告キャッチコピー作成における注意点』カテゴリー新着記事

正しい広告キャッチコピーの作り方を実践するならば、広告全体の内容と商品などを含めたビジネス全体をしっかり見ることが欠かせません。一般的なキャッチコピーの作り方の知識だけで作ると、見込み客にとっては「よく見る特に興味を引かない広告キャッチコピー」になってしまうことが多いのです。特にインターネットで集客する場合は、費用が安いためにライバルも大量に参入していて、見込み客は多くのライバルの広告キャッチコピーにも触れる可能性が高いことを覚えておきましょう。

グーグルアドワーズでも検索エンジンでも、多くのライバルの広告キャッチコピーと見比べられながら、一番良さそうなのを選ぶことを忘れないで下さい。単純に煽るよりも、見込み客を絞り込むことで高い反応率を得ることをお勧めします。広告キャッチコピーによってビジネスを成功させれば多くの人に知られることになるので、当然新たなライバルが参入してきます。

その際に、すでに見込み客を絞り込んだ広告キャッチコピーと広告と商品などを用意しておけば、新規参入者にとっては、かなり参入しやすい状況となります。優れたビジネスを持つことが最大の参入障壁となってあなたのビジネスを守ってくれるのです。


キャッチコピーとして有力なのは「衝撃の事実」です。業界における重要ニュースを伝えられれば、「衝撃の事実」を伝えたことになります。キャッチコピーですから、衝撃の事実といえる最新の重要ニュースから特に衝撃的な部分だけを抜き出すことが有効です。それなりのニュースでも、一部の語句を除くことで衝撃の事実にすることは可能です。文字数の限られたキャッチコピーでなら、一分の情報しか伝えられないのはおかしなことではありません。嘘に抵抗のある方も気軽にできるでしょう。

広告文やキャッチコピーを作るときは、完全に正確な事実だけを話せるとは限りません。そして、見込み客の人々もその事を知っています。ですから、自分を基準に嘘や真実を判断せずに見込み客の視点でどう見えるかを考えてください。また、見込み客も日々、マスコミや書籍や他のサイトなどを通じて大量のウソにふれています。その大量の嘘に触れている見込み客があなたのキャッチコピーや広告を見てどのように考えるかを想像してください。そして、真に見込み客のためになるように見込み客を誘導するのです。

あなたが優れたサービスや商品を提供していても、正直すぎてあまり魅力を感じさせることが出来なければ、あなたの見込み客はうまく煽っているだけの低品質なサービスや商品を買うことになってしまうでしょう。場合によっては、キャッチコピーと広告だけ良くできた詐欺的なサービスや商品を買うことになってしまうかもしれません。


伝えたい言葉を伝えるだけでキャッチコピーになってしまう天才にとってはキャッチコピーの作り方を考える必要などないでしょう。特に、専業のコピーライターになるのでなければ、勘だけでやっていてもうまくいきます。たまに失敗しても専門家でなければ許されるでしょう。中身に魅力があれば本音をはっきりというだけで通じることもあります。ただ、それは伝えるメッセージがわかりやすい場合に限られます。

本格的に見込み客の人生を変えるような重要な方法論をしっかり伝えたい場合には、じっくり文章を読んで貰う必要があるでしょう。そのためにはキャッチコピーや広告分の作り方が非常に大切になります。簡単にいえば面白くて役に立つ文章を書けば良いのですが、どうすればよいか普通はわからないはずです。「役に立つが面白くない文章」はほとんど読まれないのに対して、「役に立たなくても面白い文章」はよく読まれます。このこともよく知っておけば適切なキャッチコピーや広告分の作り方を知るのに役立つでしょう。

売れている広告やキャッチコピーを真似する際は表面だけを真似しないようにしてください。その裏のメッセージや効果を読み取る必要があります。


 >  小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例のページ上部へ↑
『小企業の広告キャッチコピーの作り方と具体例』のサイトトップへ
まずは最新記事をチェック↓
  • ライバルの広告キャッチコピーに気をつけよう
    正しい広告キャッチコピーの作り方を実践するならば、広告全体の内容と商品などを含めたビジネス全体をしっかり見ることが欠かせません。一般的なキャッチコピーの作り方の知識だけで作ると、見込み客にとっては「よ...
カテゴリーから探す
最近の記事から探す
  • 短期的な成果にとらわれない
    クライアントから具体的な指示がなくキャッチコピーを作る依頼を受けたときは、短期的にみてうまくいきそうな作り方をします。そのほうが高く評価されることがわかっているからです。それで実際に結果が出れば、クラ...
  • キャッチコピーの作り方を学ぶ意味とは?
    一番大切な顧客に絞り込んだキャッチコピーの作り方を学ぶと、 宣伝する商品がよく売れるだけでなく、社会全体を見た場合に も最適なマッチングが行われることになります。 馬鹿な人にたくさん売れる詐欺的なキャ...
  • 詐欺的なキャッチコピーの作り方とあなたの商品
    メインの顧客層に絞り込んだキャッチコピーの作り方を学ぶと、 広告した商品がよく売れるだけでなく、社会全体を見た場合に 最適なマッチングが行われることになります。 馬鹿な人にたくさん売れる詐欺的なキャッ...
  • 「ご注文の方以上でよろしかったですか?」 はなぜ過去形なのか?
    「ご注文の方以上でよろしかったですか?」 はなぜ過去形なのか? 意味的に考えると「ご注文の方以上でよろしいですか?」の方が 自然なのですが、この言い方をすると、その質問を受けた時点では 注文内容をすべ...
『キャッチコピーの作り方』関連サイト
特選リンク集